反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

パンクラスの階級制変更

 地味だけど少々気になった最近のニュースを。

 パンクラスが、ネバタ州基準に基づく階級制を来年から導入。

 http://www.boutreview.com/data/news05/071015pancrase-class.html

 各階級とも1~3キロの増加に収まっているのでさほど大きな変動ではないと感じるけど、選手にとってはけっこう大きな問題なのかな。いきなり120キロまでOKになってしまうヘビー級はややヤクザな感じがするが。

 そういえばパンクラスってエド・フィッシュマンに買収を持ちかけてるとかいう話があったんだっけ?今回の階級制変更もそれに向けた布石なのかな。

 総合格闘技の階級制の歴史なんてまだまだ浅いので、これから変更が生じていくのは当然だし、統合の流れに向かうのは歓迎。だけどアメリカの基準がそのままグローバル・スタンダードになってしまうのに妙な抵抗を感じてしまうんだよなあ。じゃあ日本のどの団体の階級制がいいんだと言われたら特にないんだけど。
 こうやって格闘技の中心地はアメリカ、という流れがどんどん出来上がってしまうんですかねえ。
[PR]
Commented by なの。 at 2007-10-20 22:15 x
俺はZSTの階級が好きです。5kg刻みで-100kgまであって、それ以上は無制限。
Commented by nugueira at 2007-10-21 14:08
>なの。様
 ZSTの階級分けの仕組み自体、すっかり失念していました。5kg刻みって分かりやすくていいですね。ネバダ基準は一定間隔じゃない上にポンド表示なのでよく分からなくて。
by nugueira | 2007-10-18 23:34 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)