反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

全日本キック観戦記②

濱崎一輝×-○石毛慎也(3R TKO)
 1R、濱崎は右フックへつなげるパンチのコンビネーションで攻めていく。石毛はローで様子見という感じ。
 2Rも引き続きパンチで攻める濱崎に対し、石毛はテンカオ。2R終盤からようやく石毛ペースになってきたと思ったら、3R開始直後に石毛のヒジがヒット。唇をカットした濱崎(会場じゃ全然分からなかったけど)にドクターストップがかかり、石毛が全日本初陣を飾った。
d0010886_23264013.jpg

 石毛は勝ちはしたものの、動きの硬さの方が目立った印象。トーナメントでは実力を発揮してくれるか。

金沢久幸×-○クリストフ・プルボー(判定)
 金沢はバックスピン、ボディーストレート、バックブロー、ヒジと多彩な攻撃を散らしていくものの、プルボーがヒザでペースをつかんでいくと、首相撲からのヒザ連打からヒジを打ち込みダウン。
 プルボーはこの後も2Rにヒザとパンチ、3Rにヒジで計4度のダウンを奪う圧倒的な内容で判定勝利。トーナメント進出へ大きく前進した。コンビネーションが上手いという感じではないのだが、一発一発の攻撃のタイミングが抜群に上手い。
d0010886_23333990.jpg

サムゴー・ギャットモンテープ○-×レイ・スターリン(2R KO)
 恥ずかしながらライト級時代のサムゴーの試合映像を見たことがなく、この日初めて拝見することとなったのだが、予想(危惧?)していたとおりの腹ダルダルの姿に軽く失望。
d0010886_23384791.jpg

 1R、左ミドルを連打するサムゴーに対してスターリンは距離を詰めてパンチの連打で攻め込む。サムゴーのミドルはキレやスピードよりも「重さ」を感じさせる蹴りで、衝撃音が響くたびに客席がどよめく。
 2Rもサムゴーはミドル中心の組み立て。「スターリンも蹴りは注意してるし、じきにパンチで追い込まれるんじゃないの」と思いながら見ていたら、いきなりサムゴーの左ミドルがヒット。スターリンはそのまま起き上がることができず、試合終了。会場ではよく見えなかったが、ガードしたスターリンのグローブがそのまま自分の首筋にヒットしたらしい。あまりに唐突かつ衝撃的な結末に場内騒然。リングを降りるサムゴーの周りには記念撮影をねだるファンの姿がいつまでも絶えなかった。
d0010886_23432274.jpg

 「出会い頭の一発が当たってしまった」と見てしまうことも可能だが、ドラゴを破り山内と引き分けたヨーロッパのバリバリの新鋭をサムゴーが一撃で破ったという結果に代わりはない。この日はどちらかというと「伝説の終わりを見に来た」という客が多かったと思うのだが、結果として70キロトーナメントに予想外の軸が出来上がることとなってしまった。
 今日の結果やこれまでの実績からすると、山内・望月・石毛・プルボー・スターリン・サムゴー+αというところがトーナメントの出場メンバーになりそうだけど、この中から誰が飛び出すのか非常に楽しみ。
[PR]
by nugueira | 2007-10-08 23:48 | 全日本キック | Comments(0)