反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

シュートボクシングの予想

 この週末は注目の興業が多いので、勝敗予想を立て続けにやらせてもらいます。まずは日程的には前後しますが、シュートボクシングから。

 今回はTATSUJI・HAYATOが参戦、10月の両国にはアンディ・オロゴンが参戦と、「MAXでさばききれない選手をシュートボクシングで消化する」という構図ができつつありますね。まあオロゴンを除いて、結果的に興味深いカードが増えることになるので歓迎ですが。

宍戸大樹×-○TATSUJI
 宍戸にとってはホームでの試合となるものの、ここ最近の両者の勢いがそのまま反映されるのではないかと思います。去年のブアカーオ戦以降歯車が狂いっぱなしの宍戸と、この2年で着実に経験と結果を積んでいるTATSUJI。宍戸がつけいる隙があるとは、ちょっと考えにくいんですよね。

大野崇×-○HAYATO
 このカードについても、ホームの立場となる大野の不利は否めないという気が。HAYATOはMAXではどうも突き抜け切れないものの、試合内容は一定のラインをキープしているし。大野相手に取りこぼしをすることはないんじゃないでしょうか。

 シーザー会長の体は大丈夫なのか・・・。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2007-09-25 23:22 | その他(立ち技系) | Comments(0)