反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

K-1ラスベガス大会の予想(トーナメント)

 香港大会は時間がなくえらい簡単に済ませてしまった勝敗予想。今回はちゃんと書きます。

 とはいうものの今回の世界最終予選、面子がえらい地味なので予想するのも一苦労なんだよなあ・・・。

アレキサンダー・ピチュクノフ○-×中迫強
 ピチュクノフ、問題なく勝つでしょ。アジアGP以外への日本人選手の投入はいい加減やめにしていいと思うんだけど。

イマニー・リー×-○リック・チーク
 最初はスコット・ライティの名前があったのに、いつの間にか変わってた。チークは20戦負けなしの選手でラスベガスのオッズも一番人気らしいので、とりあえず一票入れときます。知らない選手に賭けるのは危険な気もするけど。

パトリック・バリー○-×リカルド・ノードストランド
 バリーはハワイ大会でもグッドリッジに圧勝してるので、今回も取りこぼしはないでしょう。ノードストランドの名前見るのひさしぶりだな。どうでもいいけど。

ザビット・サメドフ○-×エスチャダー
 これまた初お目見えのエスチャダーは回避して、ヨーロッパ予選でも健闘したサメドフにbet。

ピチュクノフ○-×チーク
 個人的に今回の一押しはピチュクノフなので、こういう予想にしておきます。体重差が少々心配ではあるんだけど。

バリー○-×サメドフ
 もう片方のブロックは体重差だけでなく技術や勢いも加味してこういう予想に。

ピチュクノフ○-×バリー
 うわ、これハワイ大会の準決勝と同じカードか。なんか微妙。前回勝ってるピチュクノフが今回も押し切って、そのままGPへ殴り込み、と予想してます。

 ネイサン・コーベットってスカンジナビアGPで優勝したはずだけどエントリーしてないのね。まあ体重差を考えると妥当な判断か。あとイグナショフは今年は結局一度も姿を見せず。生きてるのか?

 次回はワンマッチ。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2007-08-10 23:19 | K-1 | Comments(0)