反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

K-1MAX開幕戦観戦記②

 では後半の試合の感想を。

アルバート・クラウス○-×ヴァージル・カラコダ(判定)
 2ラウンドまではほぼ互角だったけど、3ラウンド終了間際にラッシュをかけたクラウスがカラコダを押し切って判定勝ち。波乱が起きるとすればこの試合かと思っていたんだけど。
 ダウンの応酬だったわけでもないのに、この試合は3ラウンドきっちり放送。クラウスってそんなに数字持ってるのかね。あるいは他の試合がどうしようもなかったのか。後者だろうとは思うが。

佐藤嘉洋○-×デニス・シュナイドミラー(判定)
 あー、やっぱり後者でした。
 佐藤が特に盛り上がるポイントもなく淡々と攻め続けて無難に判定勝ち。こいつのこういう試合は今に始まったことじゃないけど、どうすれば(テレビ的な意味で)一皮むけるのだろう。「ダウンが取れなかったら勝敗に関係なくファイトマネー減額」「判定だったら放送終了間際の字幕スーパーでしか試合結果を流してやらない」とかの制裁措置しかないのだろうか。

ブアカーオ・ポー・プラムック○-×ニキー・ホルツケン(判定)
 放送されたのはヘロヘロになったホルツケンをブアカーオがイビり続けた最終ラウンドのみ。ここに持ってくるまでの過程が見たいのに。こういう堅実な判定勝利が増えてしまうのは勝利最優先である開幕戦の宿命か。

魔裟斗○-×J.Z.カルバン(判定)
 魔裟斗が圧勝、と書いてしまえば簡単だけど、カルバンも異常に打たれ強いねえ。魔裟斗も足を止めて打ち合っているから効いてないことはないと思うんだけど。カルバンはいいパンチをもらった後も相手の方をしっかり見続けているし、増量による体重差も影響したか。KO負けを逃れたから来月のHEROSも当然のように出るのかなあ。
 魔裟斗はダウンを取れなかったのは残念だけど、最後まで手を抜かずガンガン攻める姿勢がよかった。MAXの中で自分が何をすべきなのか、ちゃんと理解してますね。
 あとこの試合で特筆すべきポイントは、2ラウンド開始前に解説の畑山が発した「これでカルバンの勝ちはなくなったな。勝つとすれば1ラウンドKOだったでしょ」という的確かつ身も蓋もない一言。お前、何視聴者の見る気を削いでるんだよ。今回に限らず、畑山の「テレビの前の視聴者目線」故の切れ味の良さは評価に価すると以前から思っているのだがどうだろうか。

 主催者推薦は昨日も書いたとおりドラゴかなあ。これでコヒやカラコダが選ばれても釈然としないので、谷川はどうか判断を誤らないで欲しい。

 決勝ラウンドは新味のある組み合わせにするのが難しい。人気blogランキングへ
[PR]
Commented by at 2007-06-30 14:54 x
コヒは嫌だけど、大人の事情でドラゴじゃなくてコヒになりそうな匂いがプンプンしますねぇ。
Commented by 風田 at 2007-06-30 18:40 x
確かに畑山の発言はぶった切り過ぎでしたねw
畑山の解説は主観入りまくりだけどなんか憎めないです
谷川が偏った解説するのは嫌なんだけどw
Commented by たこ at 2007-07-01 10:41 x
私も佐藤選手の試合観戦記に書かれている制裁措置に同感です!
ただ選手のファンなど賛否両論だと思いますが。
でもやっぱりTV放送されるならTV向きの試合に期待してしまいますね。
私的には、魔裟斗VSカルバンが今大会で一番良かったです。
この試合に限っては、判定決着でも制裁措置はまったく必要ないと思います。なので、制裁措置にする基準が難しくなってくるのではとも考えてしまいますね。
では失礼します。
Commented by nugueira at 2007-07-01 23:50
>B様
 大会翌日の会見でも選手間からドラゴを推す声が連発してましたからねえ。さすがにこの状況で妙な真似はしないと思いたいですが・・・。

>風田様
 去年ブアカーオとカラコダが微妙な判定になったときも「カラコダだな」と断言してましたし。いい意味で空気を読んでないのが最高です。

>たこ様
 制裁措置の話は半分冗談ですが、魔裟斗と佐藤を比べると「勝つことだけに目的意識を置いている選手」と「そこから先のことにまで目的を見出している選手」との違いが浮き彫りになっちゃってると思うんですよね。「格好いいことを言っても負けたら終わり。勝ちゃあいいんだ」という競技論的な発想も理解できるので、難しいところですが。
Commented by ds at 2007-07-02 01:31 x
畑山サイコー!
Commented by nugueira at 2007-07-04 07:19
>ds様
 ご賛同ありがとうございます。今後も彼の発言はこまめに拾っていきたいです。
Commented by はにゃん at 2007-07-05 01:30 x
私は魔裟斗-J.Z.カルバンが一番つまらなかったですけどね。
だって、魔裟斗が勝って当たり前じゃん。カルバンは格闘技してるといっても立ち技の選手じゃないし、予選勝ちあがってきた選手でもないし。もしこれで負けてたらK-1のレベルは低いんだねーと言われるだけだと思いますけどね。ああ、倒せなかった時点でダメか
テレビの音は消して見たほうが面白いですよ。
佐藤についてはゆーちゅーぶでフルラウンドありましたけど、これも倒して欲しかった。レベル差がはっきりしてたのでたおさにゃ。ただ、佐藤にしてはけっこう面白かったかもしれない。判定でのうろたえぶり(笑)。私ももっと差がついていたと思ったし。
こひ???なんで映すの?あれこそ無駄。
Commented by nugueira at 2007-07-08 13:21
>はにゃん様
 コメントありがとうございます。
 「魔娑斗はKOできなかった時点で負け」という意見も、ひとつの見方だろうと思います。とはいえ、勝利優先で格下相手に煮え切らない試合(コヒが最たる例ですが)もある中で、きっちり最後まで攻め続けてメインイベンターの役割を果たした魔娑斗の意識の高さは評価したいと思います。
by nugueira | 2007-06-30 02:02 | K-1MAX | Comments(8)