反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

K-1MAX開幕戦の予想

 いよいよ今日開催のMAX開幕戦の予想。当ブログを熱心に御覧の方はひょっとしたらお気づきかもしれませんが、今月の勝敗予想は好調を維持。ここで大外しをしなければ、今までにない的中率をクリアできそうです。うわー、なんか緊張してきちゃったよ。ハアハア。

TATSUJI○-×アンディ・オロゴン
 TATSUJIが実は骨折していた、とかのハプニングがない限り番狂わせはないでしょ。勝って当然のこの試合、TATSUJIはよほどもの凄いKO勝ちでもしない限り決勝ラウンドの切符は難しいか。とはいえアンディも打たれ強いからな。

小比類巻貴之○-×ツグト“忍”アマラ
 アマラは計量結果を見てもこの階級にまだアジャストできていない感じがするし、ここはコヒが勝つのでは。決勝ラウンドの推薦枠はコヒ、というあまり好ましくない展開が頭にチラついてならない・・・。

アルトゥール・キシェンコ○-×イ・スファン
 うわー、地味。キシェンコって去年HAYATΦにも負けてるのにまた出てきた。谷川のお気に入りなのかね。スファンがどれくらいの選手なのかよく分からないけど、例年の韓国勢の戦績から考える限りあまり期待はできそうにない。

ドラゴ○-×マイク・ザンビディス
 今回最も予想の難しいカード。先に一発入れた方が押し切りそうだけど、印象としてはドラゴ優位かなあ。ザンビディスは最近持ち味を出し切れていない感じもあるし。

佐藤嘉洋○-×デニス・シュナイドミラー
 佐藤の相手は素性のよく分からない東欧予選王者。事前宣伝番組の映像を見た限りではガンガン圧力をかけてくる佐藤の苦手なタイプのようにも思えるけど、こういう「多少は強そうな外人選手」レベルの相手ならさすがに取りこぼしはないか。

アンディ・サワー○-×オーレ・ローセン
 シャファーが怪我で欠場。去年のS-CUPといい、サワー戦には縁がない奴だ。で、代打は3年前のS-CUPでサワーにKO負けしているローセンという新味のないカードに。
 1回目の計量をオーバーし熱があったことを明かすなど、サワーのコンディションが不安。まあでも、多少の体調不良は地力の差で押し返してくれると信じてます。

アルバート・クラウス×-○ヴァージル・カラコダ
 これも2年前の再戦だけど、着実にK-1ルールに対応しているカラコダに対して、今年に入って格下相手に2連敗と明らかに悪い流れに入っているクラウス。カラコダがポコッと一発入れて番狂わせを演じるのではないか、と踏んでいます。クラウスはこのところ打たれ脆くなっている感じがするし。

ブアカーオ・ポー・プラムック○-×ニキー・ホルツケン
 最強王者の相手はこれまた素性のよく分からない西欧予選王者。まあブアカーオが無難に勝つでしょう。例年開幕戦はエンジンがかからないのでのらりくらりした展開になるかもしれませんが。

魔裟斗○-×J.Z.カルバン
 注目のMAX(元)王者VSHERO’S王者。とはいえ、よほどのことがない限り無難な展開で魔裟斗が勝つと思ってます。いくら身体能力が高くてもカルバンはこれが立ち技デビュー戦なわけで、上下に打ち分けられたら対応できないでしょう。魔裟斗は確実にそこを狙ってくるだろうし。
 注意するとすればやはり、当日80キロ近くまで上げてくると思われるカルバンのパワーですかね。こいつのニックネームは「世界最強の水太り」がいいと思うのだがどうだろうか。

 会場観戦?しないよそんなもん。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2007-06-28 08:31 | K-1MAX | Comments(0)