反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

Dynamite!!USAの感想②

 それではメインの感想を。

桜庭和志×-○ホイス・グレイシー(判定)
 まずジャッジの内容について。1Rは桜庭、3Rはホイスが取っていて、問題は2R。桜庭がヒザで攻め込む場面もあったけどホイスも打ち返してるからなあ。微妙だけど、全体としてコツコツ打撃を入れていたホイスのラウンドだろうか。でもドローありのルールなんだから、やっぱり引き分けでよかった気がする。
 次に試合内容について。大半が間合いの測りあいとロープ際・コーナーの差し合いに終始してしまい、抑揚のない展開になったのは「つまらない」を通り越して「残念」という他ない。リマッチが大凡戦になってしまったことで、7年前の試合まで急に色あせてしまったような気にすらなってくる、というのは言い過ぎだろうか。
 試合自体について語るべき点は見当たらず、切ない思いだけが残された。やっぱり思い出はきれいなままで取っておいてほしかったよ。

 視聴率もかなり苦戦したようだし、今後はアメリカでの興行やるのかなあ・・・。コミッションに干渉されてこんな中途半端なものになるくらいなら、日本国内での興行に専念した方がいいような気もするんだけど。アメリカの格闘技バブルを黙って見過ごすわけにはいかない、ということなんですかね。

 Yahoo動画見るの忘れた。人気blogランキングへ
[PR]
Commented by at 2007-06-06 23:33 x
ホイスは勝ちに徹するために守りの攻めしかしてないのが残念ですね。
本人にとってここで負けたら選手としての重大な分かれ目ですからね。
3戦目が実現したら、もっと吹っ切れた戦いが見たいです。
Commented by nugueira at 2007-06-08 01:31
>k様
 仮に3戦目が実現しても、今回と同じ展開になりそうな気がします。ホイスは引き続き堅い試合をするでしょうし、桜庭はそれを崩すだけのパフォーマンスがもう発揮できないでしょうし・・・。やっぱりこのリマッチを実現させてしまったこと自体が間違いだったんでしょうね。
by nugueira | 2007-06-05 23:56 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)