反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

PRIDE34の予想

 DSE体制での最後の開催となるPRIDE34、残念ながらマッチメイクに関してはKAMIKAZEは吹かず。身売りの対応で興行の準備が後手後手に回ったんだろうけど、全カードの決定が大会前日って、数年前の大晦日じゃないんだから・・・。
 大会まで数時間となりましたが、勝敗予想です。

中尾“KISS”芳広×-○エジソン・ドラゴ
 当初DEEPに出場という噂のあったドラゴが参戦。やっぱりやりくり苦しかったのかなあ・・・。
 中尾が勝つとしたら上から固めてコツコツ殴り続けるしかないけど、その前にドラゴに一発もらって終わっちゃいそう。馬力の差も大きいだろうし。

バタービーン○-×ズール
 イロモノ路線全開のスーパーヘビー級マッチメイク(この構想も今後はどうなるのやら・・・)。バタービーンはオヘアー戦やトンプソン戦の結果からしても、図体でかい者同士の殴り合いなら負けることはないでしょう。こうなると次はいよいよハントと激突か。

瀧本誠×-○ゼルグ・弁慶・ガレシック
 ネット上でPRIDEに出る出ないを巡って話題になっていた弁慶。試合の映像を見たことが一度もないのだが、瀧本に対してポジティブな評価をできる要素が全くないからなあ。ウェルター級にニューカマー出現、という結果になった方が盛り上がるのでは。

ギルバート・アイブル○-×小路晃
 アターエフの出場、けっこう楽しみだったのになあ。挙句の果てに代打が小路。うわあ、どうでもいい・・・。体重差もあるからアイブル勝っちゃうでしょう。と言いつつ寝技でコロッとやられる絵も想像できなくはないんだけど。

ドン・フライ×-○ジェームス・トンプソン
 「元祖ゴング・アンド・ラッシュ」のフライがトンプソンと激突。客の要求どおりに真っ向から殴り合ってくれたら盛り上がるだろうなあ・・・。
 正直どっちも危なっかしい部分があるので予想しにくいのだが、こういうシチュエーションで会場の空気を読まずに結果を出しちゃうのがトンプソンの持ち味なので、こういう予想にしておきます。

青木真也○-×ブライアン・ローアンホー
 GP直前の時期なのに青木が出陣。よく働くねえ。対戦相手はよく知らん奴だな、と思ったら昔リングスに出てたブライアン・ロアニューのことね。
 今の青木は自信もつけてるしモチベーションも高いから、ここでポカやることはないでしょう。注目点は何だろう。スパッツの色かな。

ソクジュ×-○ヒカルド・アローナ
 衝撃デビューを果たしたソクジュ、2戦目でいきなりアローナと対戦。本来セミに持ってくるようなカードじゃないんだけどなあ・・・。
 アローナも打撃への警戒はしてくるだろうし、さすがに2戦続けてのアップセットはないでしょう。これでソクジュが勝ったら本当にミドル級戦線がえらいことになってくるけど。

藤田和之○-×ジェフ・モンソン
 PRIDE対UFC対抗戦の幕開けとなる一戦。「小結同士の対戦」という気はしなくもないですけど。
 正直なところ、モンソンが徹底的にタックルから上を取り続けてしょぼい内容のまま判定勝ち、という展開になりそうな気はするんだよねえ。まあでも、プロレスよりも格闘技のリングの方でプロレス魂を発揮するのが藤田という男。今回もやってくれると信じてます。

 今日は所用により会場観戦回避。ビデオを見るのも一週間後ぐらいになりそう。会場観戦組の方、「サプライズ」の内容など、じゃんじゃんコメント欄に書き込んでください。

 いい煽りV流すんだろうなあ。人気blogランキングへ
[PR]
Commented by たこ at 2007-04-08 19:43 x
ソクジュ選手がまた番狂わせをを起こしたみたいです!
アローナに何もさせなかったとの事でした。
それと、サプライズですが、どうやら桜庭選手がまたPRIDEに戻ってくるらしいですね。
それではまた。
Commented by nugueira at 2007-04-09 12:22
>たこ様
 情報提供、ありがとうございます。ソクジュ、もの凄い存在になってきましたねえ・・・。桜庭復帰への感想は記事に書かせてもらいました。
by nugueira | 2007-04-08 11:59 | PRIDE | Comments(2)