反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

K-1MAX観戦記

 テレビ観戦終了。予想どおりの展開でしたが、ある程度ハイレベルであるが故の判定決着が続出。つまらなくはなかったけど、会場のお客さんは疲れたでしょうね。HERO'Sとは面白いぐらい好対照だな・・・。

HIROYA○-×西村憲孝(1R KO)
 HIROYAはどんなもんなのかなあ、と思って見ていたらあっという間にKO勝利。パンチとキックのバランスもいいし相手の動きもよく見えているし、とても15歳と思えない。確かにすごいわ。
 とはいえ、相手との歴然とした体格差を見ていると不安感の方が大きくなってくる。せっかくの逸材なんだから、無理なマッチメイクをせず大事に育ててほしい。

尾崎圭司×-○イアン・シャファー(判定)
 シャファーの圧力の強さに、尾崎の「らしさ」が完全に消されてしまった感じ。シャファーは2R以降のペースダウンっぷりが凄かったが、攻めどころできっちり連打を入れるあたりがさすが。粗い部分も目立つけど、並みの日本人じゃ勝つのは難しい存在になってきてるかなあ。

武田幸三×-○マイク・ザンビディス(判定)
 ザンビディスの上下の打ち分け、相変わらず上手い。武田のアゴ、相変わらず打たれ脆い。
 武田は動き自体は悪くなかったし、KO負けしなかっただけ意地を見せたけど、もう試合を見ていても痛々しさしか感じられない。これ以上現役を続けても、悪い結果にしかつながらない気がしてならない。

ブアカーオ・ポー・プラムック○-×アンディ・オロゴン(判定)
 アンディの動きが落ち着き払っていて、完全に普通のキックボクサーになっていたのに驚き。やはり人間、結果が出ると自信をつけちゃうものなのだろうか。
 ブアカーオは一度もダウンを奪えずに判定勝利。この結果をどう判断すればいいのか。微妙に手を抜いたのかなあ・・・。スタッフがよく言い聞かせたのかなあ・・・。
 とりあえず、谷川が「アンディ大善戦!」とか言い出して開幕戦に抜擢しないことを心から願ってやまない。

ヴァージル・カラコダ○-×前田宏行(判定)
 やはりカラコダが場数の差を見せる結果に。パンチ勝負に行きたい前田にこつこつインローだもんなあ・・・。ボクシング出身の選手と思えませんわ。
 前田はパンチでは互角以上に渡り合っていたので、今後に期待。このまま「ボクサー上がり」の悪いパターンにズルズルはまりそうな気もするけど・・・。

アンディ・サワー○-×佐藤嘉洋(判定)
 序盤こそ佐藤がのらくら自分のペースで攻めてたけど、2R以降はサワーが完全にエンジン全開。ワンツー・ボディー・ローのコンビネーション、相変わらず素晴らしいね。
佐藤はガンガン押し込まれてしまうとそこからペースを奪い返すことができない。去年のクラウス戦に似た展開だったけど、これがK-1ルールでの佐藤の限界なのだろうか。

魔娑斗○-×オーレ・ローセン(判定)
 やはりこのレベルの相手なら魔娑斗が完勝。危なげなかった、の一言に尽きる。
 とはいえ、KOどころかダウンも奪えなかったのは不安材料。ラッシュを仕掛ける場面は何度もあったのに、最後の詰めがなあ・・・。安定はしているけどダウンが奪えない、2004年頃の姿とダブって見えた。
1日3試合を強いられるトーナメント制覇にはKOを取る決定力が必須。今日の試合を見る限り、魔娑斗の王座奪還への道のりは楽ではなさそう。

 山内の試合を流せ!人気blogランキングへ
[PR]
Commented by waraneko at 2007-04-05 22:07
こんばんは。
世界の壁が高いことを痛感した大会でした。
魔娑斗にはもう一度優勝して欲しいですが、トーナメントで勝ちあがるのは容易ではないでしょうね。
Commented by nugueira at 2007-04-07 09:36
>waraneko様
 日本勢、年々勝つのが厳しい状況になってきてますねえ。魔娑斗は試合運びが手堅くなっているので、2003年当時のような決定力が戻ってくるかどうかがカギですよね。リスクも大きくなりますが。
by nugueira | 2007-04-05 00:30 | K-1MAX | Comments(2)