反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

亀田VSモラレス

 亀田興毅VSエベラルド・モラレスをテレビ観戦。

 まず何よりも、放送が1時間枠。テレビ欄を見ていても気づかず、あやうく見逃すところだった。ノンタイトル戦とはいえ、露骨に扱い軽くなってるなあ。

 で、試合内容。相手のパンチをよく見ているようだったし、打ち終わりを狙ってのカウンターというスタイルは悪くないと思うけど、パンチの精度がどうにも・・・。ダウン奪ったシーンも、パンチよりもその前のバッティングの方が効いてそうだし。

 左のオーバーフックを多用してたけど、あれ単発じゃ効果ないでしょ。とりあえずコンビネーションをもっと磨いていく必要があると思う。なんか根本的な話になってきたが。

 本来ならKO勝利で景気づけをしてしかるべきの前哨戦で、完勝とはいえ判定決着。なんか微妙だなあ。

 あと気になったのは相変わらずのTBSの身びいき実況。試合が長引くと見るや
 「ダウンしてもおかしくないパンチなんですが、モラレスはタフですねえ」
 だの、挙句の果てに
 「世界タイトルマッチと言っても遜色のないハイレベルな試合になりました」
 だの。
 ある意味、これも捏造ですわ。

 5月の3大タイトルマッチが楽しみ。人気blogランキングへ
[PR]
Commented by KingTower at 2007-03-25 23:42 x
ダウンしてもおかしくないパンチなのに倒れないのは...やっぱパンチが効いてないからですよね。
Commented by nugueira at 2007-03-27 01:09
>KingTower様
 解説の鬼塚も佐藤も、そういうコメントは全くなしでしたね。なんかTBSの組織ぐるみの犯罪劇を見せられているような気分に・・・。
Commented by at 2007-04-07 19:49 x
「TBS報道テロ全記録」を読んでみてください。
安いわりにはおもしろいですよ。
Commented by nugueira at 2007-04-08 11:28
>あ様
 今度本屋で探してみます。
by nugueira | 2007-03-25 09:07 | ボクシング | Comments(4)