反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

男祭り2006観戦記①

12月31日(日) さいたまスーパーアリーナ
d0010886_252649.jpg

 6月の時点では「もう大晦日は絶対に無理だ」と思っていたが、無事開催。プロモーション面でのダメージは非常に大きいはずなのに、たまアリ近辺には例年どおりの人・人・人。お前らそんなにPRIDE好きか?俺は大好きだ。

 オープニングは高田のピアノ演奏に合わせてミュージカル歌手みたいな人が歌を披露。そして、今年の各大会・桜庭離脱・地上波打ち切り騒動を振り返っていく映像。ものすごい不安感を抱えさせられながらも、2006年も色々と楽しませてもらった。映像見ているだけで、こみ上げてくるものがあった。
d0010886_254842.jpg

 最後はおなじみ、高田の太鼓とともに選手紹介。いよいよ「祭り」が始まる。
d0010886_261863.jpg

田村潔司○-×ミノワマン(1R TKO)
 試合前の煽りV、美濃輪が突然「これからリングネームをミノワマンにします」と爆弾発言。場内、騒然とも失笑ともつかない「どこまで付き合ってやればいいのやら」という雰囲気に。
 前回の対戦時と同様、お互い決め手のないまま判定まで行くかなあ。と思っていたら、ゴングと同時にミノワマンがパンチで突進。これに対して田村はミドル、テンカオで返していく展開。そうしている内に田村のヒザがカウンターでミノワマンの脇腹にヒットし、ミノワマンがうずくまるようにダウン。田村が追い討ちのサッカーボールキックを入れたところでレフェリーストップ。ちょうど温まりかけた会場にとってはやや唐突な終わり方になってしまった。
d0010886_27130.jpg

 試合後、田村はマイクを持つと吉田との再戦を要求。PRIDEとは相容れない存在(というのがウリ)のはずなのに、時々思い出したようにこういうアピールをするんだよなあ。どうも理解できない。

青木真也○-×ヨアキム・ハンセン(1R トライアングルチョーク)
 青木は大晦日モードということか七色のロングスパッツ。場内やや失笑気味。
 開始早々、ハンセンのローキックをつかんだ青木がそのまま簡単にテイクダウン。パウンドの後に腕十字へ行くが、ここはハンセンが反転して凌ぐ。すると下になった青木が、いつもどおりの足の柔らかさを利用してトライアングルチョークを極め、見事な一本勝ち。実力者同士の一戦は意外なワンサイドゲームに終わった。
 今回の青木は「お見事」の一言。早く実現してくれ、メレンデスか五味との試合。

郷野聡寛○-×近藤有己(判定)
 郷野の入場は新庄のコスプレで登場した後、リトル清原が合流。決して悪くなかったと思うけど、DJ OZMAを引っ張り出した後なだけにやっぱりハードルが高くなっちゃうよなあ。
d0010886_282321.jpg

d0010886_283794.jpg

 郷野はいつもどおりフットワークを使ったディフェンシブな試合運び。時折パンチ、ミドルを入れていく郷野に対して、近藤はなかなか手数が出ず、たまに出す飛びヒザも狙いすぎな感じ。2Rに入っても同じような動きの少ない展開で、段々客席からのブーイングが目立ち始める。近藤はロープに詰めて1、2発パンチは出すのだが、それ以上の連打につなげられず、郷野を最後まで追いきれない。結局この展開のまま終了し、判定2-1で郷野が勝利。5年ぶりのリベンジに成功した。
 フラストレーションのたまる展開だったことは確かだけど、ブーイングはやりすぎでしょう。両者とも同じトレーナーに指導を受けていたことがあるから手の内が分かっているし、郷野の試合がこうなることは織り込んでおかないと。
 とはいえ、今回の近藤には失望。この展開で勝つためには、自分からガンガン攻めていく場面を作らないとダメなのに、全くできていなかった。ここ2年の男祭りでは不可解な判定に泣かされていたけど、さすがに今回はフォローのしようがない。試合後のインタビューで本人が言っていたとおり、今の状態ではPRIDEに上がる資格はないと思う。

マウリシオ・ショーグン○-×中村和裕(判定)
 ショーグンは中村と組み合うと、コーナーに押し込みながらあっさりとテイクダウン。柔道でそれなり以上の実績を持つ相手と四つに組んで、簡単に転がしてしまうというのが驚き。ここからショーグンは肩固め、バックマウントに回ってのスリーパー狙いとグラウンドで圧倒するものの、いずれも中村がギリギリのところで凌ぎ続ける。
 1R終盤あたりからショーグンに攻め疲れが見え、スタンドの打撃ではむしろ中村の方が押し気味の場面が目立つ。ショーグンがグラウンドに持ち込むという妙な展開になるが、ポジションの取り方や際の場面での反応が抜群にうまい。やっぱり打撃と踏みつけだけの選手ではなかった。
 このままショーグンが最後まで主導権を握り続けたものの、最後の詰めが甘く結果は判定勝利。どちらかというと中村の健闘が光ったという印象の強い試合になってしまった。ショーグンは寝技の極めの強さが課題だな。
d0010886_291581.jpg

 まだまだ続くよ。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2007-01-02 23:55 | PRIDE | Comments(0)