反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

Dynamite!!の感想

 男祭り観戦記の前に、例によってDynamite!!のテレビ観戦の感想を。長丁場なので録画を見返すのも疲れた。

 番組全体についてだけど、序盤が主要選手の過去の名勝負ばっかり。放送時間が長くなるとこういう構成にならざるを得ないのか。2005年までの方がタイトな構成でよかったような気が。

バダ・ハリ○-×ニコラス・ペタス
 ペタスの負傷TKO負けは少々残念。でもあのまま5ラウンドやっても、ハリが勝ってるだろうね。手足の長さをうまく活かしているし、コンビネーションも良かったし。ペタスが怪我した瞬間「足の怪我が再発?」とテレビの前で勝手にヒヤリとしてしまった。

石澤常光×-○金泰泳
 よく見たら、金よりも石澤の方が年上なのね。その事実にビックリ。
 勝敗予想は当たったけど、ここまで見事なKOシーンが見れるとは思わなかった。石澤はタックルが決まりそうな気配すらなかったし、格闘家としてはもう将来が見えない。これ以上負けを重ねて障害が出る前に引退した方がいいと思う。もうオファー来ないかもしれないけど。

セーム・シュルト○-×ピーター・グラハム
 シュルトの試合は地上波カットも覚悟していたので、放送してくれて一安心。まあ5時間半も枠があればね。
 シュルトって会場で見ると「デカいし上手いなあ」と思わせるのだが、テレビの画面で見ると「図体がデカくてチョコチョコ手を出してるだけで勝っちゃう選手」にしか見えなくなってしまうのが不思議。せめてKOできれいに決めて欲しかった。グラハムの頑張りの方を褒めるべきかもしれないけどね。

武蔵○-×ランディ・キム
 キムはローキック一発で露骨に痛そうな表情。まあ初心者の方ですから、仕方ないですかね。
 最後のパンチでのKOシーンはなかなかお見事。武蔵はきっちりKO勝ちで、課されたノルマは果たしたという感じ。細かいパンチをけっこうもらっていたのは気になったけど。

曙×-○ジャイアント・シルバ
 勝敗予想としては当たったわけですが、何だろう、曙の試合に毎回漂うこの「ズンドコ感」(他にうまい表現がみつからない)は。
 フィニッシュはまるで04年ヘビー級GPの戦闘竜戦を思い起こさせるような映像。あれから2年半でシルバの技術が向上しているとは思えないが、それ以上に曙の実力が伸びていなかった。
 曙はこれからどうすればいいのかなあ。どうもしないのが一番いいのかなあ。というわけで、半年間休養という選択は正解ではないかと思ってます。

金子賢×-○アンディ・オロゴン
 すんません、ビデオを見てる途中でウトウトしちゃいました。金子賢が極めきれずに蹴りをチョコチョコもらっちゃったという大まかな展開は覚えてるんですが。見返した方がいいかなあ。でも『お笑いウルトラクイズ』も見ないといけないしなあ。もうこのままにしておこう。
 格闘技歴1年ちょっとの人間が、総合の試合経験はないけど身体能力の高い人に負けちゃうということ自体はありうることだと思うんですよ。自分の乏しい経験から言っても、打撃はラッキーパンチがあるけど、寝技はある程度の実力差がないと極まりませんから。
 問題は、そういう初心者同士の試合が全国のお茶の間に流れちゃうことだと思うんですよね。金子賢は、普通のアマチュア選手と同じ扱いはしてもらえないんだから、格闘家の道は諦めた方が幸せだと思う。誰にも見向きもされなくなっても独力で続ける覚悟があるなら別だけど。

山本“KID”徳郁○-×イストバン・マヨロッシュ
 両方とも小柄で同じような体格の上にスキンヘッドという点まで共通なので、リング上で向かい合う映像が妙に面白かった。
 試合展開は予想どおり。最後、うずくまったマヨロッシュの頭をKIDが小突くようにしか殴らなかったのはせめてもの情けですかね。予想の段階でも少し書いたけど、打撃スキルのないレスリング選手が迂闊に総合のリングに上がっても経歴を食い物にされるだけだから、FILAはもうちょっと選手派遣に慎重になった方がいいと思う。

須藤元気○-×ジャクソン・ページ
 予想どおり須藤が格の違いを見せて完勝。試合自体に語るべきポイントはなし。
 それにしても、予告されていたサプライズの内容が引退表明とはなあ。予想外ではあったけど、聞いた瞬間「ああ、なるほどね」と妙に納得してしまった。トップを取れるかどうかはともかく、まだまだ現役を続けるだけの力は残っているはずだけど、ここでリング上に踏みとどまるのは須藤の感性に合わないということなんでしょうね。
 技術も華もある選手が姿を消すのは非常に寂しいけど、ひとつの理想的な引き際だとは思います。数々の名勝負、ありがとうございました。

所英男○-×ホイラー・グレイシー
 今回、唯一勝敗予想が外れた試合。所はグラウンド勝負にいっちゃうんじゃないかと思っていたんだけど、スタンドでの積極性が非常によかった。試合の流れを決定づけた飛びヒザはタイミングが絶妙。ペケーニョ戦のバックブローと同じで、閃きのなせる技でしょう。
 2006年の所は完全に下降気味だったのに、最後の最後に大一番での勝負強さを発揮。やっぱり、須藤との試合を組んで欲しかったなあ。

永田克彦○-×勝村周一朗
 本来の階級差を考えると、やっぱり勝村には少々可哀想なマッチメイクだった感じ。
 永田は押さえ込みだけで勝つかと思っていたけど打撃も上手くなっているし、少しずつ総合への対応は進んでいるみたい。来年は宮田と同じ程度の活躍は期待できるのかなあ。えらい微妙なポジションの選手を引き合いに出してしまったけど。

チェ・ホンマン○-×ボビー・オロゴン
 とりあえず大事故が起きなくてよかった。こういうストップの判断をできる審判団が、どうして桜庭の試合となるとああなってしまうのか・・・。

魔裟斗○-×鈴木悟
 魔裟斗が宣言どおりローでKO。2ラウンドの序盤から鈴木の動きがガクッと落ちましたね。
 完勝ではあるけれど、魔裟斗がパンチをもらう場面がやたら目立ったのが気がかり。これまでパンチャー系の選手とやってもあそこまで簡単に食らうことは少なかったと思うのだけど。鈴木のパンチがよく伸びていたのか、魔裟斗の調整不足なのか・・・。2007年の王座奪還に向けた戦いを考えると、今回の試合は少々不安材料になってしまう気がする。

秋山成勲○-×桜庭和志
 結局のところ、この1年の両者の状態がこれ以上ないほど如実に反映された結果に。今回も桜庭がパウンドを食らってからレフェリーストップまでえらく時間がかかったように思うけど、本当にいい加減にして欲しい。解説席の人間すら「危ない」と言ってるような場面なのに。
 桜庭のクレームの是非については何ともコメントがしにくいですが(秋山って柔道時代にも同じような騒ぎがなかったっけ)、秋山の体が滑る云々を言う以前の試合展開だったのではないか、というのが素直な感想です。
 桜庭、これからはどういう使われ方をするんだろう。これまでの知名度による貯金だけでリングに上がり続けるようなことはせず、選手生命の幸せな着地点を迎えて欲しい。須藤の鮮やかな引退劇を見た直後なだけに、余計そう感じてしまう。

 視聴率の結果や如何に。人気blogランキングへ
[PR]
Commented by うそ at 2007-01-02 06:08 x
うーん、ボクも秋山が普通に勝つと思ったけどあのゴタゴタはいただけません。
足が滑る以前の試合展開っていうのもわかるけど、本来桜庭は
組み技の選手。肝心のタックルをあんな形で防がれたら
たまったもんじゃないと思います。
最後も何度もクレームしているのに無視されての根負けですし、、、

再戦してほしいのですが、その機会はあるのでしょうか?
Commented by gaucho at 2007-01-02 11:47 x
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
サクvs秋山の件、後味悪いですね。
FEGには試合前チェック、レフェリング等まともにやってほしい
ですが、期待するほうが無理なのかと思うと情けないです。
Commented by mintslife at 2007-01-02 17:15 x
明けましておめでとうございます。
秋山vs桜庭は、本当に後味が悪かったです・・。
確かに秋山の打撃の向上は認めますが、なんか焦臭いんですよね~・・。
Commented by nettaro at 2007-01-02 23:39 x
はじめまして。
秋山に関しては、個人的には「真っ黒」だと思ってます。かなり怒ってます。まあ、塗ってなかったとしても秋山が勝っていたような気がしますが。
とりあえず、いろいろまとめてみました。
Commented by nugueira at 2007-01-03 21:30
>うそ様、 gaucho 様、 mintslife 様、 nettaro 様
 あけましておめでとうございます。
 やはりというか、コメントは秋山の件に集中しましたね。やっぱりクロなんでしょうか・・・。主催者サイドはこのまま幕引きを図るでしょうから、秋山という選手にこういうレッテルが貼られたままになるのが何とも残念です。
Commented by もんきち at 2007-01-04 01:05 x
でも滑ってると思いますスローでご覧ください。
http://up.viploader.net/src/viploader66697.wmv
Commented by nugueira at 2007-01-05 00:43
>もんきち様
 最初のタックルだけじゃなくて、桜庭が追い討ちでつかもうとした時もスルリと抜けてますね。うーん、確かにこれを見ると・・・。
by nugueira | 2007-01-01 23:25 | K-1 | Comments(7)