反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

男祭りの予想⑤

 最後に、残りのヘビー級2試合。本日発表の試合順でも、ちょうどこの2試合がメイン・セミにラインナップされました。

ジョシュ・バーネット×-○アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ
 この2人の完全決着はいずれつけるべきだとは思うけど、前回の対戦から4ヶ月、しかも急に決まった感のあるこのタイミングでのマッチメイクは勿体無い気も。
 「リベンジマッチ、基本的には前回勝ってる方が有利」というのがセオリーではあるけど、もともと微妙な差の試合だったしなあ。強行スケジュールでコンディションに不安のあるジョシュを、モチベーション・体調ともに万全のノゲイラがあっさり降してしまいそうな気がする。前回同様の「寝技の2・9プロレス」を見せてくれることを期待してます。

エメリヤーエンコ・ヒョードル○-×マーク・ハント
 bodogからの引き抜き騒動、さらにはつま先骨折の情報が流れてくるなど、どうも試合以外の話で身辺が騒がしいヒョードル。とはいえ、ハントは寝かせばどうにでもなるのはジョシュが証明済みだしねえ。骨折もちょうどいいハンデなんじゃない?
 「1年を締めくくる大晦日のメイン、蓋を開けたら秒殺勝利」という身も蓋もない結末になるんじゃないかと思います。

 ところでミルコはどうなる?人気blogランキングへ
[PR]
Commented by at 2006-12-29 23:45 x
ジョシュvsノゲイラは来年以降に見たかったですよね。
無理して大晦日にやることないと思います。
ジョシュは本来の実力を発揮できないと思いますし・・・
Commented by nugueira at 2006-12-30 22:04
>正様
 確かに、ちょっと勿体無いですよねえ。リマッチはお互い万全の状態でやってほしかったです。
by nugueira | 2006-12-29 17:57 | PRIDE | Comments(2)