反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

男祭りの予想②

 軽めのやつから済ましてしまいたいので、日本人ヘビー級両エースの試合を。この2人の試合が「軽めのやつ」になってしまっているのが問題ですが。

藤田和之○-×エルダリ・クルタニーゼ
 レスリングほどの競技人口があるスポーツでオリンピックメダリストになるのって本当にすごいことだと思うんだけど、いったい何だろう、カード発表の瞬間から漂う「お手頃な相手が見つかってよかった感」は。
 クルタニーゼは打撃も自信ありみたいな発言をしているけど、そうなるとうかつに飛び込んで一発いいのをもらっちゃうんだろうなあ。ああ、2年前のカラム・イブラヒムの映像がオーバーラップしてならない・・・。
 
吉田秀彦○-×ジェームズ・トンプソン
 最後まで決まらなかった吉田の対戦相手は、結局トンプソン。急なオファーなのによく受けたなあ。グッドリッジ亡き今、PRIDEの使い勝手のいい選手ランキング1位に浮上か。
 体重差が心配だし、藤田戦のようにトンプソンが意外にクレバーな試合をしそうな気もするんだけど、最後は地力の差で吉田かなあ。トンプソンは寝かせばどうにかなりそうな気もするし。
 それはそうと、今回はフィリオとの対戦をギリギリまで調整していたというのは全く聞いていない話だったので驚き。フィリオはかつてスパーリングでTKのタックルを切りまくったという伝説もあるし。将来的にはぜひ実現させて欲しいカードではある。

 明日はショーグンあたり行ってみようか。人気blogランキングへ
[PR]
Commented by at 2006-12-27 22:41 x
寝技の練習してるだろうし、今のトンプソンは吉田にとって結構手ごわいんじゃないでしょうか。吉田もそろそろ精一杯になりそうな感じです。フィリオの総合参戦の噂は嬉しいですね。
Commented by nugueira at 2006-12-28 19:55
>k様
 とはいえトンプソンも急なオファーですし、普通にやれば吉田の勝利は揺るがないかな、と思ってます。フィリオは早くPRIDEに上がって欲しいですね。
by nugueira | 2006-12-26 23:55 | PRIDE | Comments(2)