反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

K-1 WORLD GP開幕戦の感想

 順当勝ちあり、番狂わせありでなかなか内容が濃かった開幕戦。去年と同様メインがグダグダだったが。

ルスラン・カラエフ○-×バダ・ハリ(1R KO)
 最後、バダ・ハリが倒れこんだところでカラエフが蹴りを入れてるけど、これOKなのか?(スロー再生だとその前にカラエフのヒジが当たってるようにも見えるけど。)
 こればかりはさすがにバダ・ハリが文句つける気持ちも分かるなあ。個人的にも注目の一戦だったんだけど、消化不良な終わり方になってしまい残念。

レミー・ボンヤスキー○-×ゲーリー・グッドリッジ(3R KO)
 1Rのグッドリッジ、明らかに10カウント取られてなかった?「2試合連続短気決着はまずい」という配慮か?
 レミーは2ラウンド以降は攻めあぐねた印象もあったけど、最後は飛びヒザ一閃。動き自体は悪くなかったと思うが、攻撃が狙いすぎて少々単調だったか。蹴りを読まれてる場面も結構あったし。グッドリッジはこの緊急オファーを受けてリングに上がった時点で合格点だよね。

グラウベ・フェイトーザ○-×ポール・スロウィンスキー(判定)
 スロウィンスキーも動きは悪くなかったのに、フェイトーザがあまりに強すぎた。あれだけのパンチスピードと手数をまとめる技術があって、そこから蹴りにつなげてくるんだもん。化け物ですよ。こりゃ優勝候補として扱わないわけにいかないなあ。
 負けたとはいえ、最後まで手数が落ちずに攻め続けたスロウィンスキーもお見事。実力的には既にベスト8に残っても不思議ではないレベルにあると思う。期待したとおり、両者の実力とスタイルが噛み合ったいい試合になってくれた。

セーム・シュルト○-×ビヨン・ブレギー(1R KO)
 序盤のブレギーの圧力の強さを見たときは「こりゃひょっとするのでは?」と思ったが、シュルトが左をクリーンヒットさせてからは完全にワンサイドゲーム。ダウン3回とも背中を見せるように倒れてるもんなあ。このところ膝蹴りの印象が強いので忘れていたけど、そういえばシュルトのパンチは「石で殴られたように痛い」とか言われてたんだっけ。
 苦戦を予想する向きもあった難敵相手に、終わってみれば王者の貫禄を示す圧勝劇。東京ドームを前に、目覚めると一番やっかいな男が覚醒してしまった。

レイ・セフォー×-○ステファン・“ブリッツ”・レコ(延長判定)
 K-1のマッチメイクが一番マンネリに陥っていた時期(97年頃)によく見られたムダにレベルの高い膠着戦という感じの試合。セフォーはカウンター待ちで、それを分かっているレコも踏み込めなかった感じ。やっぱりお互い手の内を知り尽くしているとこうなっちゃうのかね。セフォーはもっとガンガン攻めていけばよかったのに。
 延長ラウンドもレコが押し切ったというよりは、セフォーが勝手に失速しちゃったという印象。今のトップグループのレベルを考えると、レコは東京ドームではあまり期待できないなあ。

 休憩明け、角田からカラエフ対バダ・ハリの裁定について説明。カラエフのKO勝利は変更なしだが、カラエフにはダウン後の蹴りについて減点1。客との信頼関係構築のためにも、こういうきっちりしたフォローは引き続きやっていってほしい。
 続いてマイク・ベルナルドの引退セレモニー。ていうか、こいつまだ正式に引退してなかったのか。個人的に現役時代の末期は、引き際を間違えてズルズルいってしまった典型的な失敗例としか見ていないのだが、何はともあれおつかれさまでした。

アーネスト・ホースト○-×藤本祐介(3R KO)
 ダメだ。ホーストもう、単なる並みの選手だ。1Rはガチガチだし、2R以降も藤本に簡単に懐に入られ過ぎ。いつの間にか的確なローを積み重ねていたのは流石だけど、どっちが格上なのか分からなかった。
 今のホーストがドームでシュルトなりフェイトーザなりと当たった場合、まともな勝負になるか?この男もまた、引き際を失敗しつつあるように思えてならない。

武蔵×-○ハリッド・“ディ・ファウスト”(判定)
 ファウストは武蔵にとってやりにくいタイプの相手じゃないと思ったんだけどなあ。全体的に動きが硬くて、いつもの出入りの早さやフットワークが発揮できていなかった。逆にファウストはスピードのあるパンチをよくまとめていて、自分の持ち味を出し切った形。
武蔵の東京ドーム進出は指定席という感覚をいつの間にか持っていたんだけど、終わってみれば5年ぶりに日本人のいない東京ドーム。いつかは迎えなければならない現実が、予想よりも少々早くやってきた。一方でゴールデングローリー勢がベスト8に3人。同門対決を避けるのに苦労しそう、という贅沢な悩みが。

ジェロム・レ・バンナ○-×チェ・ホンマン(延長判定) 
 少々酷な表現から入らせてもらうと、緊張感はあったけど内容は薄い試合。まあバンナが最後までローでコツコツ攻めれば本戦判定で勝っていたわけで、それをやらずに懐に突っ込んでいったバンナの男気は流石ですけどね。
 ホンマンは去年のボンヤスキー戦と同様で、最後まで自分から前に出る気が全くみられなかった。この状況なら自分から圧力かけなきゃどうしようもないのに、何か無駄に守りに入っちゃってるんだよなあ。記録上は「バンナ相手に大健闘」だし、引き続き不倒神話は生きてるからまた評価上がっちゃうんだろうけど。

 決勝大会の展望だけど、やっぱりシュルトとフェイトーザが頭一つ二つ抜け出してる感じがするなあ。MAXのブアカーオ&サワーと同じ図式になってきてる。

 レベルは高いが客を呼ぶにはやや辛いメンツが揃った。人気blogランキングへ
[PR]
Commented by HIRO at 2006-10-01 08:48 x
バンナファンの自分から見ればかなり痺れた展開でした。2R終わり頃のバンナのマックのごときジャンピングフックがカッコよすぎですw

ただ、セフォーvsレコは地上波では放送されなかったんですが、判定は妥当なものだったんですか?何か試合後のコメントでセフォーが文句言ってるので・・・
Commented by at 2006-10-01 14:54 x
いや~武蔵の敗戦には驚きましたね~。あの内容で武蔵に一票入っていたのには呆れました。
日本人不在は5年ぶりですか~。なんか新鮮な感じですね。
Commented by botta at 2006-10-01 16:05 x
半オタの自分としてはやっぱ日本人が一人も居ないのはさびしい・・・

やっぱ日本人枠は残すべきだと思うんすよねー
Commented by そう at 2006-10-02 04:07 x
>正、BOTTA
うーん、とはいえ純粋に「武蔵ファン」っているんですかね?
Commented by nugueira at 2006-10-02 07:38
>HIRO様
 セフォーVSレコは本戦は互いにほとんど手が出ず決定打なし、延長はローをコツコツ当てたレコに対して、セフォーはほとんど手を出せずという感じでした。判定としてはまあ妥当ではないかと思います。

>正様、botta様、そう様
 昔はジャパンGPの優勝者がそのままドームまで行ってましたけど、実力的に開きがあり過ぎましたからね。無理矢理形だけベスト8に残しても今のファンは納得しませんから、実力で勝ち取ってもらうしかないのだと思います。
Commented by at 2006-10-02 22:57 x
武蔵は、ファウストのボクテクに押されてしまいましたね。元ボクシング世界王者ボタのパンチは貰わなかったのに(笑)打ち合える自信がある位のボクシング技術がないと、いつかは行き詰まってしまう感が漂ってました。

バダ・ハリの試合が短かったのが一番残念でした。マヌーフまで吠えてたし、カラエフが苦笑いしてましたね。
Commented by at 2006-10-03 15:36 x
>>そう様
いや~ほとんどいないと思いますよ。
私もまさか負けるとは思ってなかっただけで、
別に武蔵ファンではないです。
Commented by nugueira at 2006-10-05 00:16
>k様
 ファウストは相手をよく見て打ってる感じがしました。武蔵って受けの選手だから、ああいうガンガン来るタイプとは相性が悪いんですかね。

>正様
 武蔵ってある意味「勝ってるからこそ存在意義をもつ選手」なので、負けた瞬間に「あっ、じゃあもういいや」という気分になっちゃうんですよね。やや厳しい言い方にはなりますが。
by nugueira | 2006-10-01 01:50 | K-1 | Comments(8)