反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

UFC63

 例によってWOWOWでつまみぐい観戦。

 大注目のマット・ヒューズ対BJペンによるウェルター級タイトルマッチは、序盤劣勢だったヒューズが大逆転勝利で2度目の防衛。
 2ラウンドまでは完全にBJの試合だったのになあ。相変わらずタックル切るの上手いし、パンチの当て勘いいし。2ラウンドに金網に押し込められているのにスルスルッとバックに回った場面は神業だった。
 結局は前回のGSP戦と同様、後半に失速して逆転負け。今のBJの課題はスタミナか。というかウェルター級は本当に適正階級なのか?
 それにしても、ヒューズはホイス粉砕に続いてBJにもリベンジ成功。完全に「リビング・レジェンド」の域に達してきたな。

 久々のオクタゴン復帰となったジェンス・パルヴァーは、ジョー・ラウゾンにわずか48秒TKO負け。序盤に攻め込まれて面食らっているうちにズルズルいってしまった感じ。
 この前の武士道のアライケンジ戦もディフェンスの粗さが目立っていたし、もうピークを過ぎちゃったのかなあ。せっかくライト級王座が復活するのに、タイトル戦線に絡めずにこのまま姿を消してしまうとしたら寂しい限り。

 露骨にPRIDEを潰しにきている次回大会では、リッチ・フランクリン対アンデウソン・シウバのミドル級タイトルマッチ。これ地味に楽しみ。でもアンデウソンが勝った場合、UFCの客にブラジル人王者を受け入れる度量があるかなあ。ないような気がするなあ。

 「UFC63」で検索してくる人がけっこう多い。人気blogランキングへ
[PR]
Commented by at 2006-09-28 17:50 x
そういえば、ジェンス・パルヴァーがパンツ一丁姿のアライケンジと互角に打ち合っている姿を見た瞬間、「パルヴァーの打撃ってこの程度?」と悲しくなりました。
なんかアライケンジの風貌が格闘選手として安っぽいんだよなぁ
Commented by nugueira at 2006-09-29 02:35
>k様
 振り返ればあの試合から下落傾向が見られましたよねえ。
 アライケンジも一時期若手の注目株でしたけど、完全に伸び悩んでますね。ビジュアル的にも。
Commented by Tonic at 2006-09-29 22:00 x
2Rにアバラ折ったみたいですよ、BJ。
JSPじゃなくてGSPですね、どうでもいいけど(笑)。
Commented by nugueira at 2006-09-30 10:05
>Tonic様
 アバラ骨折じゃしょうがないですね。でもどの辺で折ったんでしょうか。
 >JSP
 うわ、お恥ずかしい。英語能力の低さを露呈。修正しておきます。
Commented by Tonic at 2006-10-01 01:52 x
BJPenn.comのインタビューによると
「 when I was making the turn towards his back, I felt my ribs seperate on my right side.」と言ってます。seperateですから折れたのではなくずれた?のかもしれません。自分の英語力ではイマイチ理解できませんが・・・。
「徒然なる駄日記」さんで翻訳されてますよ。
http://zenzen.jugem.cc/
Commented by nugueira at 2006-10-01 12:21
> Tonic 様
 情報提供、ありがとうございます。「ゴン格」でも紹介されてましたけど、このブログの情報量は充実してますねえ。
by nugueira | 2006-09-27 02:11 | UFC | Comments(6)