反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

PRIDE武士道-其の十二- 観戦記②

 休憩明けにヒョードル登場。漁船拿捕の件で謝罪でもするのかと思ったが、普通にラスベガス大会の宣伝だけだった。
d0010886_0582496.jpg

ウェルター級GP2回戦
デニス・カーン○-×アマール・スロエフ(1R チョークスリーパー)

 スタンドの攻防はカーンがローで先手。一発一発が重くて効きそう。スロエフが途中いいパンチを入れそうになった場面もあったが、カーンのストレートが先に当たってそのままグラウンドへ移行。寝技ではスロエフは全くいいところなく、最後はバックに回ったカーンがチョークを極めて一本勝ち。難敵のスロエフをあっさり退けてベスト4一番乗り。
 スロエフがブスタマンチ戦みたいに間合い勝負に持ち込んでズルズル判定まで行く展開も十分ありえたと思うんだけど、カーンの突進力がそれを許さなかった。この男、やはり強い。

ウェルター級GP2回戦
長南亮×-○パウロ・フィリオ(1R 腕十字)

 開始早々、長南は蹴り足をつかまれるようにしてあっさりテイクダウンを許す。フィリオ相手にはどれだけ立っていられるかが生命線なのに・・・。
 この後はフィリオによる寝技の模範演技。パスガード、サイド、マウントと思いのままにポジショニングを支配して、最後は長南がブリッジで返したところでタイミングよく腕を捕らえてそのまま腕十字へ。フィリオがあまりにも綺麗に勝利し、長南はあまりにも何もできずに負けた。他に感想が出てこないぐらい圧倒的な試合内容だった。
d0010886_1141675.jpg
 
ウェルター級GP2回戦
郷野聡寛○-×ゲガール・ムサシ(2R 腕十字)

 注目の郷野の入場は今回もDJ.GOZMA。途中寸劇も交えながらのダンスパフォーマンスに場内大盛り上がり。紹介Vの発言なんかを見ていても思うが、郷野の頭の良さは格闘家の中でも群を抜いていると思う。美濃輪とはまた違う意味でのプロ意識の固まりだ。
d0010886_1173597.jpg

 試合が始まると、いつもながらの「判定上等」の郷野スタイル。序盤はコーナーに詰められてムサシのラッシュを浴びる場面があったが、きっちり全部ブロックした上に隙を見て打ち返している。本当に上手い。
 1R中盤にグラウンドに持ち込んで以降は完全に郷野ペースだったが、腕十字はムサシがポイントをずらして逃れる。ムサシはグラウンドの技術レベルは明らかに低いのだが、こういう際の場面での逃げ方だけは上手い。
 1R終盤から2Rにかけては郷野がややペースダウンしてムサシが盛り返した感じもしたが、最後はグラウンドに持ち込んだ郷野が今度こそ腕十字を極めてムサシがタップ。終始試合をコントロールした郷野がきっちり一本勝ちで準決勝進出を決めた。

すんません、まだ続きます。人気blogランキングへ
[PR]
Commented by botta at 2006-08-30 01:18 x
>漁船拿捕の件で・・・
本当そうすよね(wをつけていいものか・・・)
Commented by nugueira at 2006-08-30 07:46
>botta様
 やや社会派というかブラックなネタですが、ちゃんと突っ込んでいただいてありがとうございます。
by nugueira | 2006-08-29 01:29 | PRIDE武士道 | Comments(2)