反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

K-1 WORLD MAX観戦記

 18:00に横アリなんて無理なので、おとなしくテレビ観戦。
 あー、もったいないことした!仮病使ってでも行きゃよかった!「史上最激戦」の前評判に偽りなしの内容じゃん。終盤やや失速気味の決着とはいえ。

魔娑斗○-×小比類巻貴之(判定)
 コヒは蹴り、魔娑斗はパンチと互いの持ち味にこだわりつつ噛みあった試合。でもやっぱり魔娑斗の方が相手の動きが見えてたね。前蹴りもキッチリ体ずらして捌いてるし、序盤から左がよく入ってたし。
 魔娑斗がややモタついたまま終わるかと思ったけど、最後は上下を綺麗に打ち分けてきっちりダウンを奪取。9年に渡る因縁に一応の答えを出した。
 終了後のコヒの妙に晴れ晴れとした表情が印象的。なんだかんだ言いつつも、戦った者同士だけで通じ合う感情っていうのがあるんですかね。

アンディ・サワー○-×ヴァージル・カラコダ(3R TKO)
 1Rにカラコダのワンツーが綺麗に入って、サワーがいきなりダウン。そんなバカな。ガード越しとはいえ相手に打たせすぎてるなあ、と気にはなっていたんだけど。
 どうしよういきなり番狂わせだよ、またシーザー会長の病状が悪くなっちゃうよ、と思っているうちに、ようやくエンジンがかかってきたサワーが猛攻。3Rに立て続けにダウンを奪って逆転TKO勝利。地力の差をなんとか発揮してくれたというところか。最後はボクサー相手にあの距離の打ち合いでダウン取っちゃうんだから、やっぱりサワー凄いわ。
 でもそれ以上にカラコダの成長ぶりがすごい。蹴りも自然に出るようになってるし、プレッシャーかけて連打を叩き込むスタイルを固めてる。もう並の選手相手なら楽に勝っちゃいそう。

アルバート・クラウス×-○ドラゴ(判定)
 1回戦ではこの試合が一番鉄板だろうと思っていたのに・・・。ドラゴは相変わらず動きが硬いし、一発のモーションが大きくてあまり強いとは思えない。トリッキーなスタイルがクラウスにはうまくハマッたか。ダウン取ったヒザも、なんか出会い頭な感じがするんだけどなあ・・・。

ブアカーオ・ポー・プラムック○-×佐藤嘉洋(2R KO)
 ムエタイスタイル同士の削りあいを期待していたのに、誰がこの展開を予想していたか。
 佐藤は前蹴りをことごとく掴まれてペースをつかめない上に、もとから苦手なパンチで攻め込まれちゃなあ。ブアカーオがこういうスタイルで仕掛けてくることは予想していなかっただろうから、余計対応が遅れたか。
 愚直なまでに己のスタイルを貫くことで、MAXの価値観に風穴を開けるだけの力があったはずの佐藤、あまりにもあっけなく轟沈。よくも悪くもK-1には不釣合いだったはずの、切なく、リアルすぎる空気がそこには漂っていた。

魔娑斗×-○アンディ・サワー(判定)
 サワーが日本に初お目見えした頃から実現を待ち望んでいたカード。内容は期待通りどころか、期待通り以上のハイスパートの攻防。やはりこの2人のスタイルはかみ合う。それも恐ろしく高いレベルで。
 魔娑斗の最後のダウンはスリップ気味で完全に不運だったけど(あれをちゃんとダウンと取ったレフェリーはすごいと思う。)、ダウンなしで延長に突入していても勝敗は同じだったでしょう。終盤は魔娑斗が完全に失速していたし。
 サワーはシュートボクシング初期によく見せていた二段蹴りのような飛びヒザも出していたし、この試合に関しては完全に全盛期の勢いを取り戻していた感じ。この2人はぜひワンマッチでまた再戦してほしい。

ブアカーオ・ポー・プラムック○-×ドラゴ(判定)
 ブアカーオが手堅く判定勝ちした上に、相手はマイナー外人。そりゃ地上波もダイジェスト放送になりますよ。ドラゴみたいに攻めが単発な選手は、ブアカーオにとっては一番扱いやすい相手だろうね。

アンディ・サワー×-○ブアカーオ・ポー・プラムック(2R KO)
 ゴングがなる前からサワーは顔ボコボコ。対するブアカーオは冗談抜きでキズ1つないきれいな顔。ワンデイトーナメントの宿命とはいえ、この時点で八割がた勝負の行方が見えてますよ。
 とはいえ、今回のブアカーオの勝ちっぷりは「展開に恵まれた」という一言では片付けられないぐらいの圧勝。パンチ勝負の展開になった時は、正直サワーにも逆転の目があるかと思ったんだけどなあ。サワーのこんな負け方、今後見る機会があるかどうか。

 選手層の厚さを考えると2連覇なんていう予想は軽々しくできないけど、今日の戦いでブアカーオが頭ひとつ抜け出た印象があるのは確か。やはり最後に笑うのはムエタイなのか。今のブアカーオをムエタイという括りで扱うこと自体、もはや無理があるけど。

 ワンマッチの結果を早く知りたい。人気blogランキングへ
[PR]
Commented by ヒデ at 2006-07-01 07:49 x
仮病を使えってでも行きたい気持ちわかります。どの試合も見応えがあり久しぶりに飽きないで見ることができました。トーナメントで仕方ないですがどれもノーダメージのワンマッチで見たいなぁ〜って感じでした。
Commented by k at 2006-07-01 16:35 x
決勝がブアカーオVS魔娑斗だったら最高のフィナーレで完璧だったのに!多くの選手の弱点を克服して成長していく姿にもっと「自分も頑張らなきゃ」と勇気付けられました(笑)
Commented by botta at 2006-07-02 01:04 x
でもサワーってラッシュ受けると足止まっちゃうの気になるんすよね。
クラウスみたいにパンチのみで上下左右にラッシュかけられたら凌ぎ切れないかと。
でもそれでもマサトに勝っちゃうんだもんなー。逆にすごいっすよね。
Commented by nugueira at 2006-07-02 08:53
>ヒデ様
 会場観戦、本当にうらやましいです。サワーVS魔娑斗、サワーVSブアカーオなんかはワンマッチでぜひやってほしいですね。

>k様
 今のMAXのレベルだと、ひとつの武器だけじゃ勝ち上がれないようになってますね。私もとりあえず、体重を70キロに持っていくところから始めてみようかと思います。(ウソです。)

>botta様
 確かに、ハードパンチャー相手でも正面から打ち合っちゃうところがあるんですよね。クラウス戦もそれで自滅してますし。
 調子のいいときはパンチ・キックの連打でそもそも相手に攻め込む時間帯を作らせないので問題ないんですが。
by nugueira | 2006-07-01 01:45 | K-1MAX | Comments(4)