反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

PRIDE無差別級GPの予想(GP編)

 というわけで2回戦4試合の予想を。

アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ○-×ファブリシオ・ヴェウドゥム
 寝業師同士の対決、蓋を開けると両者寝ないまま殴り合い、という最近のMMAの悪しき風潮が繰り返されそうな気配が。そうなると打撃スキルの差でノゲイラの勝ちでしょうね。こういう状況では周りがどう煽ろうとリアルに勝ちに徹しそうだし。
 とりあえず寝ないなら寝ないで、せめてスッキリKO勝利で決めて欲しいところ。

藤田和之×-○ヴァンダレイ・シウバ
 2回戦で一番予想がしにくいカード。体重とパワーの差で藤田有利という見方もけっこうあるようですが。
 ただ、シウバもハント相手に判定まで持ち込んだぐらいの打たれ強さと根性あるからなあ。グラウンドで凌ぐ技術も持っているから、藤田はテイクダウンは取れてもそこから先は攻めあぐねそうだし。
 逆に、藤田はいくら打たれ強いといってもシウバの回転力のある攻めをどこまで耐え切れるか。トンプソン戦のように受けに回る時間帯を作ってしまうと厳しそう。
 藤田が序盤は上を取るかもしれないけど、そこを辛抱したシウバのKO勝利かなあ。

ジョシュ・バーネット○-×マーク・ハント
 スタンドの防御に難があるジョシュと、まともにグラウンドに持ち込まれたら分の悪いハント。互いに持ち味をどれだけ出すかと同時に、苦手な展開にどれだけ持ち込ませないかがカギになりそう。
 ハントはこれまで体格が劣っているかテイクダウン能力がそれほど高くない相手が多かったから危ない場面を作らせなかったけど、ジョシュは体格・テイクダウン能力ともにクリアしているからなあ。
 アレキサンダー戦と同様、ジョシュが打ち合いで危ない場面を作りつつ、最後はきっちりグラウンドに持ち込んでしとめるのでは。

吉田秀彦×-○ミルコ・クロコップ
 吉田はシウバ戦などを見ても、自分の間合いで戦うのが非常にうまい。それほど簡単にミルコの打撃の距離は作らせなさそう。
 とはいえ、吉田が凌いでテイクダウンを取っても、今度はミルコがそこからのディフェンス能力を発揮しそう。もはや寝かせればどうにでもなる、という相手ではないし。
 となるとシウバ戦と同様、吉田が決定的な場面は作らせないけど打撃でジリジリと押されて惜敗、という展開ですかね。ミルコのモチベーションがどこまで復活しているかにかかる部分も大きいけど。

 決勝ラウンドは無事行われると・・・信じてる。人気blogランキングへ
[PR]
Commented by at 2006-06-28 21:20 x
今年はジョシュvsヒョーでもハントvsヒョーでもいけますな。ただ相当ボクテクを磨いたと言われるノゲがどう、来るか・・・
Commented by nugueira at 2006-06-29 07:30
>k様
 ジョシュVSハントの勝者は、ヒョードル戦への実現に大きく前進でしょうね。GP自体は結局ノゲイラ、というところに落ち着きそうな気がしますが。
by nugueira | 2006-06-28 00:57 | PRIDE | Comments(2)