反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

ヒューズVSホイス

 UFC60、とりあえずマット・ヒューズVSホイス・グレイシーをビデオ観戦。

 まず結論めいた話から。今回の対戦は、勝負論の観点からは何の意味もない試合だった。だが、このマッチメイクが失敗だったとは思わない。格闘技の世界には時々、勝敗の行方は分かりきっていても、組むこと自体に意義がある試合というものが存在する。今回もそういう試合だった、ということだろう。

 UFC草創期を支えた、というよりもヴァーリ・トゥードというジャンル自体を生み出したホイス。そこから進化を続けた現在の総合格闘技の世界で、ひとつの完成形として君臨するヒューズ。この2人の激突はストーリーとして刺激的であっても、競技としての観点からは王者ヒューズにとってのイージーファイトでしかない。

 試合内容は下馬評どおり。序盤はホイスのリーチの長さに様子を見ていたヒューズだが、あっという間に間合いを詰めると、テイクダウンからサイドポジション。後はホイスに一度も有利な体勢を取らせないまま、アームバー、バックマウント、そして強烈なパウンドの連打。
 かつて金網の中で無敗を誇ったホイスが、何もできずにレフェリーストップの瞬間を迎える。時間の流れは正直で、率直で、そしてあまりにも残酷だった。

 「グレイシー最強説」なんていう寝言を未だに本気で信じているファンはほとんどいやしない。それでもこの日は、格闘技にとっては歴史的な一日になったと思う。金網の中の「伝説」が、総合格闘技のリアルな「現実」によって完膚なきまでに破壊された日として。

 この試合を受けたホイスの勇気に感謝。人気blogランキングへ
[PR]
Commented by ヒデ at 2006-05-30 07:52 x
今回は珍しく自分に不利なルールでの挑戦だったので負けたことより何気に驚いてます!!そろそろ「引き際」とか考えてるんですかね!?
Commented by at 2006-05-30 20:29 x
ホイスのパンツ姿初めて見た。ホイスの肘討ちが空振ったのが命取りで残念でした。ガード状態に持ち込めなかったにせよ、一回り大きいパワーと技術を持った相手には支配権は奪われますな。でもホイスが参戦してくれるとクラシックな感になるのでUFCでまたやって欲しい。
Commented by nugueira at 2006-05-31 07:20
>ヒデ様
 確かに今回のホイスからはある種の「特攻」の雰囲気が感じられるんですよね。

>k様
 K-1、PRIDE相手にワガママは言えてもカリフォルニアのコミッションには通じない、ということでしょうか。客のテンションめちゃくちゃ高かったですね。
by nugueira | 2006-05-30 02:15 | UFC | Comments(3)