反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

美濃輪、復帰戦で秒殺勝利

 ミルコ戦からわずか19日の間隔でCMAフェスティバルに出場した美濃輪育久、復帰戦は17秒の秒殺勝利

 で、主催者側のコメント
 美濃輪は前の試合から頭痛が続いていて、ドクターストップもかかっていたんですけど、それでも、「オレが出なければCMAはどうなってしまうんだ」という気持ちで出てくれたので感謝しています。

 格闘技興行の主催者として取るべき行動は、美濃輪の男気に感謝することではなくて、危険な可能性のある選手の出場に断固ストップをかけることだと思う。美濃輪抜きでは興行が成り立たない状況は理解した上で言わせてもらいますが。
 幸い試合は短時間で終わってくれたけど、こういう状況での「結果オーライ」の議論はあまり意味がない。

 格闘技を健全な娯楽たらしめているのは、厳正なルールと安全管理のための万全のサポートの存在ではないのか?ドクターストップがストップの機能を果たさないのであれば、万一の場合は誰が責任を取るのか?

 「格闘技ブーム」の上にあぐらをかいた選手の酷使は、いつか大事故につながってしまわないか。この状態は今に始まったことではないけれど、時々ものすごい不安を感じることがある。

 美濃輪にはとりあえずじっくり休んでほしい。人気blogランキングへ
[PR]
Commented by at 2006-05-25 22:48 x
頭痛とは美濃輪もプロも苦労してるな。打たれ強い人がうらやましい。無理するのは危険因子だけど、足関得意になると美味しい場面が作りやすいから希望に繫がりやすいのでしょう。
Commented by botta at 2006-05-26 02:14 x
まったくそのとーりdeath!
Commented by nugueira at 2006-05-26 08:17
>k様
 そういえば藤田とかハントって頭痛になるんですかね。試合中踏ん張れるだけで、意外と終了後は効いていたりして。

>botta様
 ご賛同ありがとうございます。ボクシングならKO負けした選手は一定期間出場禁止の措置があるわけで、総合も同様の安全管理を徹底してほしいです。
Commented by うそ800万 at 2006-05-27 01:51 x
藤田の打たれ強さはすごいらしいです。ミルコにKO負けしたのもカットですし、あの首と体じゃあダウンすら取るのは難しいのでは?

ハントは確かレントゲンをとった医者が「彼は頭蓋骨が通常より厚い」と
発言した話があります。これは打たれづよさにかなり関わるらしいです。
もっとも、んなこと言われても鍛えるわけにはいきませんがw
ちなみにゴリラは頭蓋骨がとても厚く、人間の打撃ぐらいでは
びくともしないそうです。

>K
足関節狙いは派手だけど、パウンドをもらう危険も増大しますしね。
ミノワとシウバの試合を観たことがありますが、結構危ないKO負けを
していた記憶があります。打たれ弱さを自覚して、防御を磨く
元世界王者の川島ヒロシみたいなタイプでは間違ってもないのでw
ミノワのこの件は今後心配です。人気もあるし興行側としては
使いたがるだろうから、酷使されそう、、、
Commented by nugueira at 2006-05-27 09:43
>うそ800万様
 ハントの頭蓋骨の件は私も聞いたことがあります。でもさすがにこればかりは、プロテインとかでどうこうなるもんでもないですからねえ。
by nugueira | 2006-05-25 02:50 | その他(総合・寝技系) | Comments(5)