反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

【前代未聞】K-1 ヨーロッパGP【トラブル勃発】

 CSの放送を録画したものを今朝方視聴。前半戦終わった時点では大当たり興行のムードだったのに、何でこんなことに・・・。とりあえず順番に感想を。

アレクセイ・イグナショフ○-ピーター・ボンドラチェック(2R KO)
 イグナショフの腹がダルダルだったらどうしよう、と心配していたがそれほどでもなくて一安心。
 手数の少なさは気になったが、キレのあるパンチでボンドラチェックをKO葬。実況は蹴りを出さないことを不思議がっていたけど、振り返れば03年ヨーロッパGPでの勝因もボクシング技術の向上だったしね。復活に向け視界良好。とこの時は思っていた。

メルビン・マンホーフ○-×富平辰文(1R KO)
 富平、予想以上に何もできないまま敗退。マンホーフは上下左右の打ち分けが非常にきれい。ライトヘビーの選手はスピードがあるからあまり馬鹿にできないね。2試合目・3試合目になるとキツいだろうけど。

ビヨン・ブレギー○-×フレディ・ケマイヨ(1R KO)
 やや積極性に欠ける感じがしたブレギーだけど、コーナーに詰めた後のパンチであっさりとKO勝利。自分のデカい体の使い方を(ようやく)覚えてきているという印象を受けた。

ナオフォール・アイアンレッグ○-×アティラ・カラチュ(1R KO)
 アイアンレッグのフィニッシュの右ハイが完璧。ノーモーションだし最短距離で相手の頭を刈ってるし、ありゃ確かに勝負決まりますよ。カラチュは全く期待していなかったけど、動きの非常にいい選手。年齢も若いしまだ伸びてくれそう。

セーム・シュルト○-×ロイド・ヴァン・ダム(判定)
 ヴァン・ダムの入場時に実況が言っていた「彼には負けられぬ理由があります。自分の6人の子どものためにも・・・」にゲンナリ。局が違うよ、局が。
 シュルトは手数も多くて調子良さそうだったけど、それ以上にヴァン・ダムが何もできなかった。5年ぶりの参戦となるK-1、これまでの蓄えは役に立たなかったか。ダウンしなかったことが意地を示した唯一のポイントですかね。

アレクセイ・イグナショフ×-○ゴーカン・サキ(判定)
 マンホーフが拳の怪我により欠場。もっと見たい選手だったのに、もったいない。これで8月のHERO’Sライトヘビー級トーナメントに平然とエントリーされたらイヤだけど。
 で、リザーバーのゴーカン・サキとかいうオランダの選手が代打。こりゃイグナショフはあまりにも簡単に決勝進んじゃうなあ、と思っていたら手数がパッタリと止んでしまい、逆にサキのローをコツコツと食らい続けて判定負け。
 サキの健闘というよりも、イグナショフが何もできなかったという感じ。格下相手に突然ポカをやるこの体質を直さないとどうしようもない。今年はもうGPに出なくていいよ。

ビヨン・ブレギー○-×ナオフォール・アイアンレッグ(2R KO)
 1Rにアイアンレッグがハイでダウンを取ったときは「もうこれで決まった」と思ったが、2Rに突然攻勢に転じたブレギーがカウンター気味のパンチ等でダウンを奪いKO勝利。
 1Rまでの流れからするとアイアンレッグに勝ってほしかったなあ。谷川も同じ感想だろうけど。

レミー・ボンヤスキー○-×ジェロム・レ・バンナ(判定)
 メインの騒動の陰に隠れてしまったが、この試合の判定は何をどう考えても納得できない。
 お互い決定打はなかったけど、終始プレッシャーをかけていたのはバンナでしょう。3Rにボンヤスキーが攻勢に出た場面はあったけど、その後バンナがミドルできっちり返してるし。なんで今さらボンヤスキーをプロテクトするの?地元だからか?
 まあ「04年の武蔵戦ではお手数をおかけしました」という帳尻合せのお詫びだと考えると、何となく納得できるような気もしてくるが。

ビヨン・ブレギー○-×ゴーカン・サキ(1R KO)
 これまた何ということもないような感じのパンチでブレギーがKO勝利。今回のブレギーはどっしり構えて後手後手に回りつつもいつの間にか試合を優位に進めている。何かに似てるなあ、と思ったら一昨年以前のシュルトか。
 とりあえずラスベガスに続いて「どうしてこのタイミングでこいつが?」という主催者泣かせの選手が優勝。「地味強」が今年のキーワードか。では今度のアジアGPは穴狙いで行きます。

アーネスト・ホースト○-×ピーター・アーツ(判定)
 そういえば決勝がメインなんじゃなかったっけ?と思っているうちに画面にアーツの顔。なんで?と思ったら「ボブ・サップの突然のアクシデント」という実況の説明。
 試合開始1時間前に選手がドタキャンなんて、前代未聞。「怪我」「急病」と言わなかったということは、それ以外の何かとんでもないことが起きちゃったんでしょうね。(こんな情報も見つけましたが。)K-1側も可哀想というべきなのか、選手管理ちゃんとやっておけということなのか。
 で、試合の方は完全にエキシビジョンマッチ。まあアーツはリングに上がってくれただけで偉いよね。トランクスがなくて、セーム・シュルトのを借りて履いてたぐらいだし(最初「アーツ、ゴールデングローリーに移籍したの?」と思った。)。ホーストもそんな相手に本気でやれないよなあ。
 
 とりあえず、K-1は今回の事件にどうやって収拾をつけるのか。これだけで当分退屈せずに済みそう。

 次回ソウル大会は6/3。間隔短すぎ。人気blogランキングへ
[PR]
Commented by ヒデ at 2006-05-15 20:43 x
トーナメントは二度あることは 三度あるって感じですね。このまま主催者泣かせの地味系路線が開幕戦占めそうですね(ある意味面白いですが笑)
Commented by at 2006-05-15 23:31 x
地味なんだけど、さすがにファウスト、今回のビヨン・ブレギーはハズレでしょう。見たいと思わせる選手が出れないとは。
Commented by nugueira at 2006-05-16 07:52
>ヒデ様、k様
 下手な一発屋が来るよりは歓迎なんですが、さすがにここまで続くと・・・。このまま行くと8月の最終予選がえらい面子になりそうですね。
Commented by gr2si at 2006-05-17 09:48
TBありがとうございます!ホント、サップ騒動でしばらく盛り上がりそうですね(笑)今年のK-1は、さらに「地味強」路線が活発になるのかと思うと、主催者的には頭痛いところなんでしょーね。
Commented by nugueira at 2006-05-18 01:05
> gr2si様
 コメントありがとうございます。
 9月の開幕戦は「地味強」同士をぶつけても盛り上がらないし、迂闊に「地味強」系に東京ドームに残られても困るし、どうやって潰すか谷川さんも悩みどころでしょう。
by nugueira | 2006-05-15 00:49 | K-1 | Comments(5)