反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

HERO’Sの感想

 今朝ベトナム旅行から帰ってきました。さっそく録画したHERO’Sを鑑賞。

秋山成勲○-×永田克彦(1R KO)
 2人のコスチュームからして「異種格闘技感」満点。序盤の距離の取り合いに妙な面白さがあった。まあでも内容の方は、総合になれている人とそうでない人の差が出ましたね。秋山の最後の後ろ回し蹴りはまるでカラエフみたい、と思ったら本当にカラエフと一緒に練習してるのね。

所英男×-○ブラック・マンバ(1R KO)
 改めて見るとリーチ差がだいぶあるので何かイヤな雰囲気だなあ、と思っていたらマンバの膝蹴り一閃。所はタックルを狙ってちょうど頭を下げていたのもまずかった。神通力が切れるにしても、ちょっと中途半端な相手に負けちゃった感は否めない。

宇野薫○-×オーレ・ローセン(2R チョークスリーパー)
 ちょっと手間取ったけど終わってみれば宇野の完勝。ローセンは寝技のディフェンスはなかなか上手いけど、他に見るべきところがない。というか見るべきところを見せる展開に持っていけていない。持ち味を生かすためには倒されずに殴るスタイルを覚えないといけないのだろうか。
 宇野がマイクを持っている時にカメラが客席の女性を抜いていたけど、あれ宇野の奥さん?

 ここで前田スーパーバイザーに呼ばれ、桜庭(番組上では「タイガーマスク」)が登場。もう本当に驚き。帰国早々、列島激震ですよ。
 高田道場退団後も主戦場はPRIDEと報道されていたので、今回の移籍劇は完全に予想外。本人は両団体間の架け橋に、と言っているけど完全に火種を増やしているだけのような気がする。PRIDEでのウェルター級転向をあれだけ拒否していたのにHERO’Sの85キロ級トーナメントに参戦というのも何か釈然としないし。PRIDEとしては本当に痛いだろうなあ、これ。

ドン・フライ○-×曙(2R フロントチョーク)
 フライはさっさと殴り倒してくれればよかったのに。今の曙は勝利を挙げられないのなら、中途半端な善戦はするだけ無駄だよ。

アントニオ・シウバ○-×トム・エリクソン(1R レフェリーストップ)
 ピークはとうに過ぎているとはいえ、エリクソンがあそこまで何もできずに負けたというのが驚き。アントニオ・シウバは単なるキャラクター枠というわけではなさそう。HERO’Sでは使い道に困りそうな気もするけど。

ハニ・ヤヒーラ○-×上山龍紀(判定)
 あれ、メレンデスじゃないの?いつの間にヤヒーラに?
 ダイジェストだからよく分からないけど、ヤヒーラがねちっこい寝技で押し切ったという感じ。こいつも65キロ級の選手だから、2回戦以降は体重がネックか。

J.Z.カルバン○-×門馬秀貴(1R レフェリーストップ)
 門馬があまり見せ場を作れないまま、カルバンがパウンドで圧勝。門馬はキャッチフレーズが「執念の14キロ減量」じゃなあ。前日の計量の時点で見せ場が終わっちゃってるじゃん。

山本KID徳郁○-×宮田和幸(1R KO)
 試合前のリングアナのコールがかったるくて早送りをしたんだけど、再生ボタン押すのが遅れたらもう宮田が大の字になってた(実話)。
 宮田はKIDのヒザは想定外だったんだろうね。タックルを狙って頭も下げちゃってたし。まあでも、ここはしっかりクリーンヒットさせたKIDの当て勘の良さを褒めるべき。他に感想は何があるかなあ。宮田の入場テーマは前のエミネムの曲の方が良かった、というぐらい?

 豪華なカード編成でそれなりに見所も多かったけど、どうも軸としてのトーナメントの存在が見えにくい感じ。8月大会はライトヘビーのトーナメントも始まってワンマッチは減るから、ここが盛り上げどころか。

 PRIDEは今夜のスカパー再放送で視聴。人気blogランキングへ
[PR]
Commented by moonemblem at 2006-05-06 15:36
お帰りなさい。ベトナムに行かれている間に、桜庭の件で凄い騒動になってました。ネットで情報を取る前に録画を見られたのでしたら、本当に驚かれたでしょう。
Commented by nugueira at 2006-05-07 12:47
>moonemblem様
 前田のマイクの後に桜庭の入場テーマが流れた瞬間は、何かの悪い冗談なんじゃないかと・・・。本当にショックです。噂すら流れていなかったですものねえ。
by nugueira | 2006-05-06 14:43 | HERO’S | Comments(2)