反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

TITANSの感想

 スカパー!のニアライブ放送でTITANSを観戦。

 手術からの復帰戦となった武田幸三は、ジョームタップ・クランセーンマハーサラーカムにダウンを奪われ判定負け。武田は途中「おっ」と思わせる場面もあったが、全体的に攻めが単発。打ち終わりにガードが甘くなる悪い癖がまた出てしまった。なかなか見えてこない光明。やっぱり武田はMAXと絡み始めたのがケチのつき始めだったのかなあ。

 注目の新日本キックVS他団体の対抗戦。まず前フェザー級王者の菊地剛介はTURBΦを終始圧倒。最終ラウンドにはダウンも奪って文句なしの判定勝利
 菊地は常に先手を取って飛び込み様のワンツーからロー。本当ならTURBΦが出入りの早さを使って自分から攻めなきゃいけないところなのに。まあ格の違いが出たというところか。

 ライト級王者の石井宏樹は、J-NET王者の西山誠人を相手に4R終了時TKO勝利。王者キラーを逆にヒジで返り討ちにした。中盤以降は石井のパンチが面白いように当たってましたね。
 石井の試合をひさしぶりに見たけど、やっぱり早いわ。コンビネーションもきれいだし。年1回のTITANSだけでいいから、対他団体路線の試合を引き続きやってほしい。

 平日開催でなければ見に行くのに。人気blogランキングへ
[PR]
Commented by ヒデ at 2006-04-29 12:11 x
今度は是非、祝日か土日お願いしたいですね!!今度の交流戦は全日本キックと対抗戦が見たいっす
Commented by at 2006-04-29 12:41 x
TITANSシリーズはガオグライのマトリックスも見れるし、バランスのとれた良興行ですよ。
Commented by タダ at 2006-04-30 10:17 x
gyaoのスポンサー今回ついてましたでしょうか?
Commented by nugueira at 2006-05-01 01:57
>ヒデ様
 全日本との交流戦は是非やってほしいですねえ。石井VS大月なんかは想像するだけでワクワクします。

>k様
 ガオグライ、ディフェンスは相変わらず流石でしたが、噛み合わないままのドローでしたね。ヘビー相手の試合にやや限界が見えてきた感が・・・。

>タダ様
 すんません、gyaoがついていたかどうかは確認してないです。
by nugueira | 2006-04-29 01:56 | その他(立ち技系) | Comments(4)