反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

UFN121の感想

ファブリシオ・ヴェウドゥム○-×マルチン・ティブラ(判定)
 開始からヴェウドゥムが前に出てパンチと首相撲からの膝。ヴェウドゥムがシングルレッグからバックを奪うが、馬乗りになったところを振り落とされて逆にバックを取られる。ヴェウドゥムが桜庭ロックを狙うがこれはスッポ抜け。
 2Rもヴェウドゥムがスタンドで攻勢。ティブラのハイも浅くヒットするのだが、流れを変えるほどではないか。3Rにはヴェウドゥムが宙を指さしてから飛び込んでパンチ、というまさかのフェイント。『はじめの一歩』の青木のようだ。
 4Rにヴェウドゥムがようやくクリーンテイクダウンを奪い、ハーフガードからサイドを奪取。しかし極めきれない。5Rはティブラのハイを食らったヴェウドゥムがグラつきヒヤッとするが、ヴェウドゥムが失速しつつも終盤は再び手数を増やし、判定で完勝。

 力関係を考えればティブラが粘った形。ヴェウドゥムは2ヶ月連続出場でダナの印象は良くなったろうが、タイトル戦線をアピールするには弱い試合内容だった。元王者とはいえご当地でもない選手の詰め切れない判定勝ちを見せられたオーストラリアの客も、フラストレーションが溜まったのでは。

[PR]
by nugueira | 2017-11-19 20:13 | UFC | Comments(0)