反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

DEEP5周年

 『kamipro』に載っていた佐伯繁DEEP代表のインタビューを拝見。「資金繰りが苦しい中小企業の経営者的キャラ」を前面に押し出すようになってから、この人のインタビューは本当に面白い。以前「2ちゃんねるで『道楽』とか書いてる奴がいるけど、こっちは真剣なんだよ!」と激昂していたことがあったが、格闘技団体の経営者で2ちゃんの意見に真っ向から反論を行ったのはおそらくこの人が唯一だろう。

 今回は旗上げ以降の5年間を振り返るのが主眼のインタビューだったが、非常に興味深かったのが「諸事情で流れてしまった幻のカード」のくだり。美濃輪育久VS高岩竜一はぜひやってほしかったなあ。田村潔司VS鈴木みのる戦の話があったことは知っていたけど、「この試合をメインに両国国技館を押さえていて、同じ大会で菊田VSアローナも組もうとしていた」というのは驚き。いつごろの話かについては触れてなかったけど、たぶん2002年前後でしょ?こういうカードを本気で組もうとするんだから、やはりこの人は「経営者」ではなく「小金を持っている格闘技マニア」だ。

 真面目な話として、赤字を抱えながらも「格闘技が好き」という単純明快なモチベーションでコツコツと興行を打ち続けている佐伯氏のことは、格闘技ファンとして非常にリスペクトしている。こういうプロモーションにちゃんと固定客がつくことが、本当の意味での「格闘技ブーム」なんだろうなあ。

 書いているうちにふと気になって調べてみたら、2003年9月の大田区体育館大会を最後にDEEPの会場観戦をしていない。予定に組み込んでいなかったけど、来週の5周年記念大会はひさしぶりに足を運んでみようかな。
 と思って公式HPを見たら「チケット完売」という表示が。本当かよ?

 こうなると何としても行きたくなってきた。人気blogランキングへ
[PR]
by nugueira | 2006-01-28 16:54 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)