反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

K-1 WORLD GPの予想(トーナメント編)

 18日のK-1の予想、まずはウェルター級王者決定トーナメントから。外国勢も実力未知数で、横一線の予想しにくいトーナメントになりそう。

渡部太基×-○モハン・ドラゴン
 敗れはしたが塚越と大激戦を繰り広げたモハン。パワフルな打撃で一回戦は突破しそう。

山際和希×-○メルシック・バダザリアン
 山際の試合は見たことないのだが、この階級だとヨーロッパの選手と渡りあうのは厳しい気が。

塚越仁志○-×ハン・ウェンバオ
 Krush王者の塚越は中国勢を迎え撃つ。モハン戦で見せた粘り腰に期待するけど、最近の中国の勢いは侮れないから、どう転んでもおかしくないなあ。

久保優太○-×木村“フィリップ”ミノル
 元同門対決。ミノルは西川にKO勝ちしトーナメントに滑り込んだが、正直この階級で国内上位陣に勝てるかどうかは怪しいなあ。

モハン×-○バダザリアン
塚越×-○久保

 準決勝。モハンはスタイル的に勝っても削り合いになるだろうから、準決勝は厳しそう。もう一方のカードは久保のトーナメントの経験値と、塚越の方が初戦でダメージを負うリスクが高いのでは、という点から久保勝利を予想。

バダザリアン○-×久保
 決勝。久保は最近の戦績とジム運営も担っている環境を考えると、トーナメント制覇は難しい気がする。あとこの前のアラゾフみたいに「欧州から無名だけどやたら強い奴がやってきた」というシチュエーションが面白そうなので、バダザリアン優勝と予想しておきます。


[PR]
by nugueira | 2017-09-13 23:13 | K-1 | Comments(0)