反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

RIZIN秋の陣のカード

 RIZIN福岡大会、バンタム級GPと女子スーパーアトム級GPのカードが発表。カード発表が早くなっているのは評価すべきでは。ってPRIDE時代の基準で評価しているから早いと思えるのであって、2ヶ月前の発表はきょうび普通なんだけど。

 バンタム級GP
・石渡伸太郎vsアクメド・ムサカエフ
・山本アーセンvsマネル・ケイプ

 女子スーパーアトム級GP
・山本美憂vsアイリーン・リベラ
・アリーシャ・ガルシアvsマリア・オリベイラ
・石岡沙織 vs. 浅倉カンナの勝者 vsシルビア・ユスケビッチ


 バンタム級GPは石渡が参戦した時点で及第点をあげていい状況ではあるのだが、外国勢がどうも地味。とかいいながらロシア人が無闇に強かったりするのだろうか。
 後はワイルドカードの行方が気になるところだが、金原とビビアーノを引っ張り出してくるぐらいのサプライズは期待しておきたいなあ。

 女子の方も外国勢が地味なのは似たり寄ったりで、RIZIN参戦経験のあるアンディ・ウィンやアリーシャの再登場はまあいいのだが(ウィンはKOTCの方で負けちゃったけど)、全体的に戦績がパッとせず、核になる選手が見当たらない感じ。選手の確保が難しいというよりは、RENAを中心に据えているから出場メンバーの実力に自然とリミッターがかけられた結果こうなった、という印象を受けるが。

 まあ勝ち抜いた選手が自然と説得力を持ってくるのがトーナメントの醍醐味であり便利なところ。堀口やRENAが主催者の期待通りに勝つのか、思わぬ伏兵が登場するのか。とりあえず桜庭vsダンヘンを見るためだけでも福岡近辺の格闘技ファンは足を運んだ方がいいと思いますよ。

[PR]
by nugueira | 2017-08-18 23:53 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)