反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

G1両国(2日目)

 今日は小1の息子と一緒に観戦。いやあ、ここまで手塩にかけて育ててきた甲斐があった。

 Bブロック公式戦最終節、まずはジュース・ロビンソンがエルガンの猛攻を耐え、パルプリフリクションで3カウントを奪う大金星。今年上半期に突如発生した会社側のよく分からないジュース推しが今後も続きそうだなあ。
 一方でSANADAはタマ・トンガ相手に、パラダイスロックの掛け合いに始まるスピーディーな試合を見せつつ最後はガンスタンを食らい敗北。身体能力の割に扱いが軽いのは可哀想だなあ。

 矢野がテープを使った乱戦の末に鈴木みのるを破り、迎えたセミではここまで1勝7敗の小島がEVILと対戦。天山がセコンドについた小島はモンゴリアンチョップを繰り出す大奮闘。ラリアットで何度となくチャンスをつかむものの、最後はEVILをもらってしまい敗北。最終戦で見せ場を作った方が客の盛り上がり的にもいいはずなんだけど…。昨日の永田といい、これはもう会社側からの第三世代に対するメッセージなんだろうなあ。

 そしてメインは優勝決定戦進出をかけたオカダ・カズチカvsケニー・オメガの大一番。
 大阪城ホールで60分ドローを戦った両者にとって30分は短すぎる…とばかりに序盤からハイスパートな攻防。オカダが場外プランチャを仕掛ければ、オメガはオカダのテーピングを剥いで痛めている首を徹底的に攻撃。スワンダイブを狙ったオメガをオカダがドロップキックで迎撃するが、オメガは場外でリバースフランケン!さらにエプロンでドラゴンスープレックスを繰り出し、一気にペースをつかむ。
 それでもオカダは片翼の天使を逃れると、変形レインメーカー!この後もオカダはオメガの丸め込みを切り返してからの変形レインメーカーを叩き込んでいくが、3カウントは奪えず。正調レインメーカーを凌ぎ続けたオメガが、レインメーカー式Vトリガーから最後は片翼の天使!3度目の対戦にしてオカダから3カウントを奪い、連覇に王手をかけた。

 試合終盤に場内が真っ二つに分かれて「オカダ」コールと「ケニー」コールの応酬になった瞬間の空気をどう伝えればいいのか!この二人の試合にハズレなし、どころか毎回ベストバウトばかり。うちの息子も後半やや集中力を切らしたけど、楽しんだようでした。息子はオカダ押しなので「パパがケニーを応援したせいで負けたんだ」と怒られたが。いや息子よ、今年はこういうブックになっていてだな…(←親としてもプロレスファンとしても最悪の発言)。

[PR]
by nugueira | 2017-08-12 23:53 | プロレス | Comments(0)