反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

こういうオヤジなら狩られる心配はなさそう

 ちょっと古いニュースになるけど、昨日知り合いと飲んでる時に話題になったもので。
http://www.boutreview.com/data/news/050718oyazi-battle.html
 35歳以上の選手を対象にした「OYAZI BATTLE」という格闘技イベントがあるんだけど、今年7月の後楽園ホール大会ではなんとブランコ・シカティックが登場(総合ルール)。しかも対戦相手は一般公募(当然35歳以上が対象)。
 すげー、シカティック来るんだ。ていうかこの人もう50歳なんだ。腹ダルダルで出てこられたらショックだな。一分の隙も無いほど引き締まった体されててもそれはそれで引くけど。
 対戦相手もどういう人が出てくるんだろう。自営業とかじゃ面白味に欠けるんで、ここは是非普通の会社員に出てきてほしい。課長相手に「すいません、来週休暇をいただきたいんですが。いや、ちょっとシカティックと試合をすることに・・・」とか有給申請してる場面想像したいじゃん。出発前に奥さんから「家庭とシカティックと、どっちが大事なんですか」とか嫌味のひとつも言われてみたりね。
 あー、なんか必要以上に楽しみになってきた。でも俺この時期福岡に旅行の予定なんだよな。ていうかこの日ってNOAHのドーム大会じゃん。どうしよう、シカティックひとりのために旅行を早目に切り上げるべきなんだろうか。客が泣き出すまで試合をしてくれるNOAHを蹴って、一般公募の会社員が殴られる様を見に行くべきなんだろうか。あー、悩ましい。だって50歳になったシカティックが半分素人の中年を殴っちゃうんだぜ?ある意味PRIDE以上の「圧倒的現実」じゃん。

blogランキングへの投票、お願いします。
[PR]
by nugueira | 2005-04-18 23:19 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)