反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

マティセ&レミュー

 昨日のボクシング、前座の感想を。まずルーカス・マティセvsエマニュエル・テイラー。
 出だしこそテイラーの手数に押され気味だったマティセだが、3Rにどんぴしゃの右ストレートを打ち込みダウンを奪取。ダメージの残るテイラーにマティセはこの後も攻め続け、4R終盤にはアッパーをヒット。最後はロープに詰めて打ちおろしの右から連打を入れたところでテイラーが倒れ勝負あり。怪我もあって久々の試合となったマティセだが、存在感を見せつける圧巻のKO勝利。強いし勝ち方も面白い選手なので、ここからもう一花咲かせてほしい。

 続いてデビッド・レミューvsマルコス・レイエス。序盤からレミューがガンガン攻めていき、こちらも早期KOが期待できる出だし。2Rには左フックをもらったレイエスが早くも出血する。
 この後もレミューはキレのある連打で攻め続け、4Rには右クロスをヒット。そろそろフィニッシュか…と思えたが、ここからレイエスがしぶとさを発揮。右をヒットさせ徐々に盛り返していく。
 レミューも攻め疲れがあるのか、後半は有効打は入れるものの最後のひと押しが出ない。レイエスはライフゲージが残り1つの状態になってからがしぶとく、気が付けば最終ラウンド。大差の判定でレミューが勝利したものの、前半戦の出来が良すぎただけに物足りなさが残る結果に。

[PR]
by nugueira | 2017-05-08 22:54 | ボクシング | Comments(0)