反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

井岡&大森

 TBSのボクシングダブル世界戦の感想。まずはWBO世界バンタム級タイトルマッチ、マーロン・タパレスvs大森将平。
 
 1R、大森が左右のボディから右。タパレスも右ボディを出すが、大森はガードを上げて相手をよく見ている。
 2Rは圧力を強めたタパレスがアッパーからフックのコンビネーション。上下とも変則的な角度からパンチが飛んでくるが、大森もワンツーからボディを返す。この後も圧力をかけるタパレスに大森はガードを固めながらパンチを入れる展開。
 5Rに入ると大森がボディの連打。右ボディをもらったタパレスがたまらずコーナーへ下がり、ここから更に大森が左右のボディをラッシュ。しかしタパレスもカウンターを狙っている。一気に主導権を握りたい大森だが、攻め疲れか6Rペースダウン。逆にタパレスが圧力をかけて手数で優位になる。
 7Rは開始と同時に大森がボディ。ロープ際に詰めてボディとフックを連打するがここも攻め切れず、ラウンド後半はタパレスが強烈なアッパーとフックを振るい反撃。続く8Rは疲れの見える大森にタパレスがアッパーと左のオーバーハンドで攻勢。大森は攻めるラウンドと休むラウンドがハッキリ分かれすぎている。
 迎えた10R、序盤は大森が前に出ながらボディと左で攻勢。だがタパレスは左のオーバーハンドを繰り返し当てると、左アッパーをヒット!膝がガクリとなった大森に連打をまとめダウンを奪う。ラウンド終了までは凌いだ大森だが、11R開始早々にコーナーに詰められラッシュを仕掛けられたところでレフェリーストップ。

 大森はタパレスの強打を警戒しつつ序盤から落ち着いて試合を組み立てており、勝てない雰囲気ではなかっただけに残念。とはいえ5R・7Rとチャンスがあったのに決めきれず、その後はタパレスに簡単に反撃を許してしまったりと、ラウンドごとの緩急があまりにハッキリし過ぎていたのも確か。世界を獲るには試合の組み立てがあまりに正直すぎた。タパレスの計量オーバーもあり微妙な空気だったが、減量苦の相手に長丁場の末に逆転負けというのは「詰めが甘い」と言うしかないか。

 続いてWBA世界フライ級タイトルマッチ、井岡一翔vsノクノイ・シットプラサート。

 序盤はジャブの差し合い。ノクノイは時おり強いパンチを振るうが井岡はスッと距離を外す。3R辺りから近距離での打ち合いが増え、井岡が左右のボディをヒット。ノクノイも打ち終わりを狙っていく。ここで井岡にローブローの減点。
 4R、井岡が左ボディから顔面へ左フック。ノクノイのパンチはバックステップとブロッキングで防ぐ。この後も井岡はジャブの連打でノクノイの前進を止めると、ボディから顔面へのコンビネーション。ノクノイは近距離で連打を繰り出すが、井岡のペースで後半戦へ。
 7R、ギアを上げた井岡は左右のボディからフック。ノクノイもパンチの回転数を上げ、井岡の顔面を捉える。8Rも井岡がボディを起点に攻勢。終盤に右ストレートが入り、遂にノクノイの動きが落ち始める。
 9Rは井岡が上下のコンビネーションで滅多打ちにし、ノクノイはサンドバッグ状態。10Rは左をもらったノクノイが効いた様子で後退。井岡はロープ際に詰めてパンチを重ねるが、無理なラッシュには行かない。
 11R、右ストレートをもらったノクノイが後退し、またもロープ際で井岡が連打。レフェリーが止めておかしくない場面だったがノクノイは凌ぎきり、最終ラウンドも井岡がコンビネーションを入れ続けるが倒しきれず試合終了。ダウンは奪えなかったが大差の判定で井岡が5度目の防衛に成功。

 ノクノイは要所要所でディフェンス勘の良さを見せ、決して与しやすい相手ではなかったが、ピンチらしいピンチもなく井岡が攻守ともに完成度の高いボクシングを見せつけた。とはいえ3連続KO防衛中だったこともあり、やはり「倒しきれなかった」という印象が強くなってしまう。具志堅の世界戦14勝という記録にプレッシャーを感じたわけではないと思うが、10R・11Rはもう少し強引にフィニッシュへ持っていってほしかった、という要求は贅沢すぎるだろうか。
 井岡の実績・パフォーマンスはいずれも申し分ないのだが、山中や井上と比べると「後世に語り継がれる名勝負」が欠けている印象。記録云々ではなく、やはり他団体王者との統一戦などヒリヒリするカードに挑んでほしい。

[PR]
Commented by スラッカー at 2017-05-03 14:44 x
前から疑問に思っていたのですが、井岡の超人的というか変態的な防御テクは齧ってる程度の身では理解不能です
離れてる時や防御に専念してる時は兎も角自分のコンビネーション中に放たれるオーバーハンドとかもウィービング出来てしまうというのは…
そういう反撃てそもそも視界に殆ど入っていないのでガードが精一杯だと思うのですが…
Commented by nugueira at 2017-05-03 21:46
>スラッカー様
 この辺の技術解説をする能力は私自身も持ち合わせていませんが、井岡はインタビューで「ボディブローは息を吐く瞬間に打たれると効くので、試合中は相手の呼吸のリズムを確かめている」とまで言っていたぐらいなので、試合中に相手の攻撃リズムも把握しているんですかね。今回の試合も決めきれない物足りなさはあったものの、磨き上げられた技術は見ていてほれぼれしました。
by nugueira | 2017-04-26 23:46 | ボクシング | Comments(2)