反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

RIZIN 2017 in YOKOHAMA の予想

 16日のRIZINの予想を。対世間に届きやすいウリはないけど、オールドネームに頼ることなくこの1年間の積み上げを活かした、いいマッチメイクなのでは。

才賀紀左衛門×-○伊藤盛一郎
 RIZINフライ級はこのままなし崩しに58キロリミットでいくのかな。ポテンシャル的に決して悪くはないはずの才賀だが、試合数をこなせていないのが残念。キャリアに勝る伊藤が寝技で仕留めそう。

浅倉カンナ×-○アレクサンドラ・トンシェバ
 年末ではいいところなく敗れた浅倉。外国人相手だとフィジカル面の不利をはねかえすのが厳しそう。

ダロン・クルックシャンク○-×矢地祐介
 年末に一本負けを喫したクルックシャンクと、階級が下のフィリピン人をボコった矢地。クルックシャンクは負けたとはいえ直前まで北岡を追い込んでいたわけで、打撃戦になったら矢地は分が悪いのでは。

KINGレイナ×-○ジャジー・ガーベルト
 ファイトクラブではやたらキャラがプッシュされているレイナ、大晦日にギャビに噛みついたガーベルトと対戦。ミノワマンみたいな使われ方だな。さすがに体重差20キロはきつい。ガーベルトもMMAが初めてではないし、体格差で押しつぶされる展開しか想像できない。

石井慧○-×ヒース・ヒーリング
 RIZIN旗揚げ戦の後ベラトールでも連敗、私生活では離婚とどん底まで落ちた石井が久々の参戦。ロートルのヒーリング相手ならスカ勝ちが求められるが、決定力のなさが不安。ヒーリングがアリアックバリ戦みたいな粘りを見せると意外と分からないことになりそう。

那須川天心○-×フランシスコ・ギリオッティ
 那須川のMMA3戦目。相手はMMA初挑戦らしいので、年末以上に問題なく勝ってくれそう。RIZINでは当面こういうヌルい相手との試合で経験を積んでいくのかな。

RENA○-×ドーラ・ペリエシュ
 RENAはMMA4戦目で初めてキャリアが上の相手。とはいえ下半期のGPに向けて、しっかり勝たなければならない試合。

堀口恭司○-×元谷友貴
 電撃参戦の堀口に国内組では屈指の実力者である元谷が挑む、出し惜しみなしのカード。とはいえ堀口のここ2試合を見る限り、レスリングの展開でも後れを取ることはなさそう。元谷は寝技に持ち込めれば面白いが、寝かせるのが至難の技か。堀口の快勝を期待。

アミール・アリアックバリ○-×ジェロニモ・ドス・サントス
 アミールが年末のトーナメントから連続参戦。対するジェロニモはキャリアで大きく上回るうえに、写真を拝見する限りステロイド臭がプンプンする色々と危険そうな相手。アミールのパウンド葬を期待するが、粘られてスタンド勝負になると危険か。

川尻達也○-×アンソニー・バーチャック
 メインは川尻の再起戦。バーチャックは本来はバンタム級とはいえ、最近までUFCで戦っていた選手なので決して油断できない。客の反応を意識することなく、泥臭くてもいいから勝ちにこだわってほしい。

[PR]
Commented by スラッカー at 2017-04-13 03:02 x
こうしてみると天心の育てる的な扱いに比べ、
紀左衛門は可哀相な気すらします
転向?前のネームバリューは紀左衛門ですが実績は天心のが上なのに
ビッグマウスも良し悪しですね
Commented by nugueira at 2017-04-14 23:32
>スラッカー様
 那須川はキックと二刀流というのもありますから、総合の方であまり無茶なマッチメイクは組まないんでしょうね。才賀も以前のようにパンクラスで試合をこなせばいいと思うんですが。
by nugueira | 2017-04-12 23:16 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)