反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

Krush.75の感想

 メインの-65キロタイトルマッチの感想を。

小宮由紀博×-〇中澤純(判定)
 1R、ジリジリ前に出る中澤に小宮はローやミドル。中澤は距離が詰まるとパンチを強振し、さらに右ハイからテンカオを浅くヒットさせる。
 2Rは小宮がボディストレートを起点にパンチを増やす。中澤も引き続き圧力をかけながらパンチを返し、二段蹴りのようなハイキック。ここまでほぼ五分の展開。
 最終ラウンド開始早々、中澤が左右のローをヒット。小宮はパンチの手数を増やすが、バッティングにより中澤が流血。再開後、なおもパンチで出てくる小宮を中澤がパンチで吹き飛ばすがノーダウン。最後までお互いパンチを振るい続け試合終了。
 どちらも手数は出しつつ決定打に欠けるジャッジ泣かせの試合だったが、判定はスプリットで中澤。終始前に出続けて自分のペースで試合を作っていたのが勝利につながったか。歴代王者に比べるとややインパクト不足かなあ…と思っていたら試合後に左右田が挑戦を表明。K-1からの都落ち組も絡めて上手くタイトル戦線を回す流れができつつある。

[PR]
by nugueira | 2017-04-02 23:27 | Krush | Comments(0)