反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

神の左、カンムリワシに王手

 WBC世界バンタム級タイトルマッチ、山中慎介vsカルロス・カールソンを視聴。

 1ラウンドから山中の左が浅くカールソンを捉えるが、それ以上にカールソンのリラックスした動きが目立つ。上半身を柔らかく使いながら伸びてくる右フックは油断できなさそう。
 しかし山中は2Rにカウンター気味の左ストレートでカールソンを下がらせると、3Rには左のボディストレートを立て続けにヒット。カールソンは背中を曲げて効いた様子をうかがわせる。
 序盤戦でペースを掌握した山中は5R、飛び込んできたカールソンにどんぴしゃの左ストレートを打ちこみダウンを奪うと、立ち上がったカールソンにすぐさま連打をまとめ2度目のダウン。一気に決めるかとも思えたが、逆にカールソンの右フックをもらい効かされた様子を見せる。
 続く6Rもカールソンのガードが空いたところで山中の左フックが入りダウン。しかし山中はこの後もパンチをもらってしまい、ディフェンス面がいまいちピリッとしない。
 しかしカールソンに試合をひっくり返すほどの余力はなく、7R開始早々にガードの隙間からねじこむような左をもらうと、フラフラとロープ際に下がったところで連打をもらい4度目のダウン。ダメージの明らかなカールソンに山中が追撃を入れ、5度目のダウンを奪ったところでレフェリーがストップ。

 終わってみれば山中が格の違いを見せてV12。いよいよ具志堅の持つ連続防衛記録に王手をかけた。とはいえ今回の試合ではディフェンス面での課題を残した形。昨年の2試合ではいずれもダウンを喫しているし、具志堅超えを狙うには対戦相手だけでなくダメージの蓄積も敵となってくるか。

[PR]
by nugueira | 2017-03-02 23:27 | ボクシング | Comments(0)