反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

三浦vsローマン、バルガスvsベルチェルト

 WOWOWでボクシング生観戦。まずWBC世界スーパーフェザー級挑戦者決定戦、三浦隆司vsミゲール・ローマン。

 1R、三浦は上体を細かく動かしながら時おり右ボディ。動きに固さは感じられず悪くない出だし。
 2Rも三浦はワンツーと右ボディを繰り出すが、ローマンは近距離でうるさく手数を出す。3Rもローマンが距離を詰めて連打。三浦は中間距離で左を返すが、回転力ではローマンに分がある感じ。
 4R以降もローマンが手数でペースを握り、三浦はボディを返すものの被弾が多く印象が悪い。5R前半は三浦がフットワークで距離を空けようとするものの、ラウンド後半はローマンが距離詰めて連打。三浦はガードが下がり気味で、決定打はもらわないものの苦しい展開で前半戦を終える。
 後半戦に入った7R、三浦が開始早々強烈な左右のボディ!更に左右のフックを連打!ローマンも打ち返し乱打戦になるが、この展開はむしろ三浦の土俵か。我慢比べの様相になった8R、ローマンが連打を出すが三浦もショートの連打で反撃。ボディが効いたかローマンが遂に下がり始める。9Rも下がる場面が目立ち失速してきたローマンに、三浦はしつこくボディで攻める。
 迎えた10R、三浦はカウンターの右を繰り返しヒットすると、ラウンド終了間際に飛び込みながら低い軌道の左ボディ!一撃でうつ伏せにダウンしたローマンはゴングに救われる。完全に押せ押せムードの三浦は11Rもロープに詰め左右のボディ連打で2度目のダウンを奪うと、最終ラウンドにロープ際で左ストレート!ローマンは仰向けのまま立ち上がれずカウント10を聞き試合終了。三浦が曲者のメキシカンを下し挑戦権を獲得した。

 正直なところ前半戦が終わった時点でこれは厳しいか…と思っていたが、ここで終わらないのが三浦の真骨頂。ボンバーレフトが警戒される中、序盤は右を効果的に使い、後半に入ると同時に力ずくで流れを引き戻してみせた。10Rの左ボディは今後も三浦の紹介映像で繰り返し使われるのでは。

 メインはWBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ、フランシスコ・バルガスvsミゲール・ベルチェルト。

 バルガスは序盤から細かいジャブを繰り出し、そこから右へつなげる。軽快な動きで一気にペースをつかむかと思ったが、ベルチェルトも右ストレートをヒット!のっけから激戦の予感が濃厚な展開に。
 2Rも両者ハイスパートな攻防を繰り広げるが、ガードの外から巻き込むようなベルチェルトの右。さらに左フックが入りバルガスぐらつく!3Rもベルチェルトがコンビネーションで優位に立つと、左フックでバルガスをぐらつかせる。
 決してバルガスの動きが悪いわけではないのだが、とにかくベルチェルトが強く、スピードもキレもコンビネーションもバルガスを上回る。4Rもベルチェルトはガードの隙間をすり抜けるように次々とパンチをヒット。5Rは一息ついたベルチェルトに対しバルガスが手数でリードしたものの、6Rは再びベルチェルトが攻勢。右を打ちこみバルガスを下がらせる。
 後半戦もベルチェルトはバルガスを一方的に攻め立て、左目が塞がったバルガスはダウンこそ喫しないものの反撃の糸口すらつかめずラウンドが経過していく。いつ止められてもおかしくない雰囲気で迎えた11R、バルガスが連打をもらい続けたところで遂にレフェリーがストップ。

 2年連続年間最高試合を獲得している激闘男・バルガスに激闘をさせる暇すら与えず圧倒。三浦が勝った時点で「これはベルト奪回も十分あるぞ」と思っていたが、正直この新王者からベルトを奪うのは至難の技なのでは…。

[PR]
by nugueira | 2017-01-29 17:18 | ボクシング | Comments(0)