反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

PANCRASE283の感想

 MX枠3試合の感想。と言いつつMXで見たのはサンドロだけだが。

松嶋こよみ×-○マルロン・サンドロ(1R KO)
 スタンドで間合いを測る両者。松嶋がバックスピンキックを繰り出すが空振り。圧力をかける松嶋だが、踏み込んだところにサンドロのカウンターが入りダウン!タックルに行く松嶋だが、サンドロはレフェリーに確認しながらエルボーを入れ続ける。最後は亀になった松嶋にサンドロがパウンドを落としたところでストップ。
 ここ何年か精彩を欠いていたサンドロだが、久しぶりに強い姿を日本のファンに見せた。その相手がホープの松嶋というのが切ないのだが…。

ISAO○-×高谷裕之(判定)
 高谷のパンチが入るが、ISAOもアッパーからのコンビネーション。ISAOがタックルでテイクダウンするが高谷はすぐ立つ。ISAOがローを入れ続け、終盤にはテイクダウンも奪いやや攻勢で1Rを終了。
 2RもISAOがローを入れ、高谷の足が流れはじめる。ISAOはハイキックもヒットさせ、タックルを混ぜながらのパンチで優勢に試合を進める。しかし高谷はひるまず3Rも前に出ると、カウンターの左フックをヒット!フラッシュダウンしたISAOだが、高谷の追撃を凌ぐと細かいパンチを入れ、終了間際にはテイクダウン。ジャッジ二者は3RもISAOにつけ、判定で完勝。元ライト級王者の帰還でフェザー級がさらに面白くなってきた。

砂辺光久○-×北方大地(2R チョークスリーパー)
 砂辺が遠い間合いからのパンチと顔面への前蹴り。北方もコンビネーションを返す。両者目立った有効打がなく1R終了。砂辺がやや前に出ていた印象だが、手数を取ったかジャッジは三者とも北方。
 これで砂辺に火がついたか、2Rは一転して近距離での打撃戦。砂辺の右アッパーから左フックのコンビネーションが入り北方ダウン!すぐさまバックに回った砂辺は、立ち上がった北方をスープレックスで叩き付けると再びバックを奪いチョーク!がっちり極まり北方タップ!
 砂辺が気持ちの強さを見せつけるようなフィニッシュで防衛に成功。次なる相手はブルックスか神部か。いずれにしても面白い試合になりそう。

[PR]
by nugueira | 2016-12-19 22:51 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)