反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

KNOCK OUT Vol.0観戦記

 KNOCK OUT旗揚げ戦を会場観戦。TDCホールは今回初めて足を運んだが、3階席からも見やすいいい会場。

大月晴明○-×スターボーイ・クワイトーンジム(1R KO)
 大月はいつもの構えからローを入れると、左ボディ、左右のフックを次々とヒット。空振りも多いがそのまま猛ラッシュを入れると、勢いに呑まれたスターボーイをなぎ倒すようにダウンさせ、そのままKO。旗揚げ第1試合は衝撃の45秒KO決着。だが結果的に、これは紙興業の始まりにすぎなかった。
d0010886_00165891.jpg
宮元啓介×-〇小笠原瑛作(3R KO)
 小笠原は名前は見たことあるものの試合は初見。多摩美在学中で俳優志望なのね。
 1Rから小笠原が圧力をかけ、インローやミドル、ハイをヒット。2Rに入る時点で宮元の右肩は真っ赤に。さらに小笠原はねじ込むような縦ヒジを次々とヒットさせる。
 迎えた3R、小笠原がヒジで宮元を流血させると、バックブローの肘でダウンを奪取!さらにカウンターの肘で2度目のダウンを奪うと、最後は左ハイを叩き込みフィニッシュ!がっつりとしたヒジの攻防が繰り広げられ、久々にキックの試合を見た、という感じ。いや、小笠原強いわ。
 
森井洋介○-×ヨードワンディ・ソーチャナティップ(3R KO)
 森井が序盤から積極的に仕掛け、ローから左ボディ、左フックをヒット。しかしヨードワンディも森井の入り際にヒジを入れ、森井が出血。やはりタイ人の肘は怖い。
 森井もうかつに踏み込めなくなったか、2Rは圧力はかけるもののそこから攻め込めず見合う場面が多くなる。しかし森井が細かく入れたローが効き始めた様子。
 森井ペースだがヨードワンディのヒジが入ったら分からない、という雰囲気で迎えた3R、ヨードワンディが飛び込んでヒジを出したところに、森井がカウンターの右肘!客席からは見えにくい位置だったが、きれいにアゴを打ち抜かれたヨードワンディが一瞬の間を置いてガクリと崩れ落ち、そのまま立ち上がれない衝撃的なKO。後楽園ホールに足しげく通った時期でさえ、この倒れ方は記憶にないなあ。
 前半3試合を終え、「この興業、神ってます」としか言いようがない展開になってきた。
d0010886_00395497.jpg

[PR]
by nugueira | 2016-12-05 23:16 | その他(立ち技系) | Comments(0)