反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

ドネアvsマグダレノ、バルデスvs大沢

 昨日のボクシング、メイン以外の感想を。まずWBO世界スーパー・バンタム級タイトルマッチ、ノニト・ドネアvsジェシー・マグダレノ。
 1Rは距離が詰まると互いのパンチが交錯するものの、比較的静かな立ち上がり。2Rはマグダレノが飛び込んでボディから右のダブル。ドネアも右を返すが、マグダレノの左フックがヒット。マグダレノがスピードと手数で優勢。
 3Rは圧力を強めたドネアがボディから右フック。手数は少ないが強い右を打ちこんでいく。4Rもドネアが飛び込みながら左右のフックを振るい、マグダレノは下がる時間帯が増えてくる。
 5R、ドネアが下がりながら左アッパーをヒット。当たりは浅いか。6Rは攻め急いで動きが雑になったドネアにマグダレノの右フックがヒット。ドネアは警戒したかガードを固めて一旦立て直す。
 7Rはドネアが圧力を強めて再び攻勢。だがマグダレノも打ち終わりに右フックを合わせる。8R、マグダレノが左ボディから右フックを次々ヒット。ドネアは真正面で被弾してしまいリズムに乗れない。
 9R序盤はドネアが圧力を強め右を入れるが、逆にカウンターのフックを入れられるとロープに詰められ、連打をくらう。10R、ドネアは強烈な右を入れるがその後が続かない。それでもドネアは終盤にもたびたび右をヒット。
 続く11Rも前に出るドネアだが、マグダレノがフットワークを使いながらカウンターのボディと右フックを着実にヒット。ドネアは単発のパンチは入るが空振りも多い。12Rも前に出るドネア。右がたびたびマグダレノの顔面を跳ね上げる。終盤に追い上げたものの、ドネアが最後までリズムに乗れないまま試合終了。
 個人的採点は115-113でドネアだったが、判定は三者ともマグダレノ。118-110はないと思うが、マグダレノが6R以降はスピード・リズムともに圧倒していたのは事実。ドネアはフェザー級でパワー負けしたのはともかく、今回は適正階級のスーパーバンタムでスピードに翻弄されてしまったのはあまりに痛い。ここ最近は試合ごとのムラが大きかったことも考えると、このままキャリアが下降線をたどってもおかしくないか。

 続いてWBO世界フェザー級タイトルマッチ、オスカル・バルデスvs大沢宏晋。
 1R、バルデスが左ボディからフック。一発一発を強く打ってくる。2Rは左フックをもらって動きの止まった大沢にバルデスが連打。序盤から押せ押せの雰囲気になってくる。
 3Rもバルデスが左右のフックを入れ続けると、4Rには左フックでダウンを奪取。なんとか凌いだ大沢は5・6ラウンドと細かく左を入れてやや立て直すが、7Rにバルデスが左フックを効かせると、下がった大沢に猛然とラッシュを叩き込みレフェリーストップ。バルデスはさすがトップランク一押しのホープ、と思わせる戦いぶりだったが、それ以上に大沢がラスベガスの空気に呑まれてしまったか。
[PR]
by nugueira | 2016-11-07 23:46 | ボクシング | Comments(0)