反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

パッキャオ復活。伝説の「新章」は続くのか…。

 WBO世界ウェルター級タイトルマッチ、ジェシー・バルガスvsマニー・パッキャオを視聴。

 1R、パッキャオは踏み込んで左ストレート。バルガスは長い距離からリードジャブと右ストレート。パッキャオが繰り返し踏み込んでアタックを試みる。
 2Rも細かく上体を動かしながら踏み込むパッキャオは、バルガスの打ち終わりに左ストレートをどんぴしゃで打ち込みダウンを奪取!これで勢いに乗るか。
 3Rも小刻みに動きながら飛び込んでいくパッキャオだが、バルガスも必要以上に下がらず左を合わせようとする。4R、パッキャオが入ってきたところにバルガスの右がヒット。パッキャオも左を打ち込んで反撃。
 5・6Rと細かい出入りを繰り返しアタックするパッキャオだが、バルガスも右をたびたびヒットさせるなどしっかり打ち返していく。ポイントはパッキャオだが、そこまでワンサイドではない雰囲気。
 7Rはギアを上げたパッキャオがワンツー、さらに左。8Rはバルガスの右ストレートが入るが、パッキャオがすぐさま反撃。左のショートを打ち込んでバルガスを下がらせる。
 パッキャオのペースだが判定までいきそうなムードで終盤戦へ。10R序盤はバルガスが積極的に攻めるが、パッキャオはあっさり反撃に移ると左右のパンチをねじ込んでいく。11R序盤にパッキャオの左ストレートが立て続けにヒット。バルガスも右を返す。ラウンド終盤にパッキャオのパンチをもらったバルガスがヒザを着くがスリップの裁定。最終Rもパッキャオが左を繰り返しねじ込むが、無理に深追いはせず試合終了。 
 ジャッジはなぜか1点差が1名いたが、残り2名は118-109の大差でいずれもパッキャオ。復帰戦で世界タイトルを奪還した。

 危なげない勝利ではあったが、予想の範囲内と言えば範囲内のパフォーマンス。戦前の予想でも書いたがバルガスはこの階級では「並」の部類に入るチャンピオンのはずで、復帰戦の試運転としてはやりやすい相手だったか。
 パッキャオは試合後のインタビューで次戦の相手について明言は避けたが、仮に今回候補に挙がっていたブローナーやクロフォードと戦った場合、今日の試合を挟んで実戦勘が戻ることを加味しても果たしてどうなるか。パッキャオの「新章」はどう考えても楽な道のりにはならなそう。

[PR]
Commented by みゆパパ at 2016-11-07 18:10 x
前戦の対ブラッドリーの際には、スピードがありディフェンス能力の高いブラッドリー相手に満足できるパフォーマンスだったというのが私の感想でしたが、
今回の相手を仕留めて終わることのできなかったのは、今後のパッキャオに大きな期待をすることは出来ないと感じてしまいました。
思えば、パッキャオの試合で衝撃を受けた最後の試合は何年前になることでしょうか。

また、HBO放送のなかった今回、パッキャオのファイトマネーも大幅に減らされたとのことで、今回のパフォーマンスが次戦以降のファイトマネーに影響することは間違いなく、これではトップランクもパッキャオメインで興行うつことが難しくなるのではないでしょうか。

安い(とは言ってもその他大勢の選手よりは圧倒的に高額ですが)ファイトマネーでも戦わざるを得ないほどなのかどうか、がパッキャオが現役続行するかどうかの分かれ目ではないかと思っています。
Commented by nugueira at 2016-11-12 20:56
>みゆパパ様
 パッキャオの勝ち試合で本当にワクワクできたのはコット戦・マルガリート戦あたりが最後だろうと思います。
 ご指摘のような定額ファイトマネー、さらにはこの内容で現役を続行するとしたら、あまりに寂しい晩節ですね…。
by nugueira | 2016-11-06 17:45 | ボクシング | Comments(2)