反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

POWER STRUGGLE

 新日本プロレスワールドで「POWER STRUGGLE」を観戦。

 まず今回最大の注目だった「時限爆弾」の正体は、KUSHIDAのIWGPジュニア奪還後に登場した高橋広夢。事前の予想でも「鈴木軍復帰」とともに多く出ていた名前なので、あまりサプライズ感はなし。
 木谷オーナーが以前「2017年のドームは新日本にゆかりのある選手を集めたい」といった発言をしていたので蝶野や武藤の登場もあるか?とちょっと期待していたんだけど。まあ凱旋帰国の生え抜きできっちり盛り上げようとする姿勢は団体としては健全なのか。

 メインの内藤vsリーサルは試合巧者同士の見応えのある試合だったが、やっぱり急造タイトルマッチだとストーリーが作りにくかったか。開始早々のリーサルのトペ3連発には本当に度胆を抜かれたけど、フィニッシュはやや唐突で「とりあえず上手くまとめた」感も。興業全体としても柴田対EVIL辺りまでは凄く良かったのだが、メインとセミがちょっと弱かったかなあ。

 棚橋のIC王座挑戦表明は既定路線の展開だったが、マイク合戦で内藤が完全に主導権を握っていたのには驚いた。棚橋の「棚橋になれなかった内藤」は名台詞だと思うのだが、それでも内藤の存在感が揺らがなかったからなあ。この1年の両者の積み重ねてきたものの差が如実に出たか。
 しかし棚橋は今年のドームでオカダに完璧な形でバトンを渡して、来年は内藤と対戦。ここで棚橋が負けるとしたら、組織人としてここまで優秀な人間はそうそういませんよ。

 これでいよいよワールドタッグリーグを挟みつつ1.4ドームへ一直線。来年も観に行きますよ~。

[PR]
by nugueira | 2016-11-05 22:35 | プロレス | Comments(0)