反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

Krush.70の感想

 AbemaTVで観戦したダブルメインイベントの感想を。

佐々木大蔵○-×岩崎悠斗(判定)
 序盤から佐々木のワンツーヒット。岩崎が細かいローを入れるが、佐々木はローからパンチで攻勢。ローに合わせた佐々木のパンチで岩崎が倒れるが、スリップと判定される。
 2Rはローの蹴り合いの後、佐々木がパンチから左ミドル。更に佐々木が左ボディから右フックを入れると、左フックを打ち抜きダウンを奪取!3Rは岩崎が跳びヒザなどで攻勢を強め追い上げるが、佐々木はがっちりガードを固めるとジャブの連打から左フック。逆転を許さず完勝で王座防衛。
 佐々木がタイトルを獲った試合を見ていないのだが、今回は終始安定した戦いぶり。KRESTが旧チームドラゴンと同様の常勝軍団になれるかまだ判断はつかないが、まずは順調なスタートを切った。

渡部太基×-○塚越仁志(判定)
 開始と同時に躊躇なく打ち合いを挑む両者。塚越の左が渡部の顔面を捉える。塚越が左ミドルを入れた後、互いに左がヒット。ここから渡部が徐々にペースをつかみ、圧力を強めながら左フックを繰り返しヒット。ラウンド終盤に塚越の左右のパンチが渡部を捉えるが、渡部が左を入れ返す。のっけからお互い一歩も引かない大激戦。
 しかし2Rに入ると塚越が三日月蹴りから左右のパンチをヒット。これで一瞬動きの止まった渡部に対し塚越は一気に攻勢を強め、ヒザから左右のパンチを叩き込んでダウンを奪取!さらに塚越はテンカオからの右フックで2度目のダウンを奪い、渡部は絶体絶命の状態に。
 2Rの残り時間は渡部がなんとか凌ぐか、もはや勝負ありか…と思えた最終ラウンド、渡部が自ら前に出て猛反撃。塚越のパンチをもらいつつもパンチを返すと、左ハイでダウンを奪い返す!一気に守勢に回った塚越に渡部は繰り返し左を打ち込むが、塚越も倒れずパンチで反撃。場内大歓声のまま試合終了のゴング。
 1Rの採点次第ではドロー延長もあるかと思ったが、判定は2-0で塚越。激闘を制しベルト奪取に成功した。

 渡部も塚越も最近の試合は追えていなかったのだが、いや凄い試合を見せてもらった。これもう、二人とも勝ちでいいよ。

[PR]
by nugueira | 2016-10-15 22:10 | Krush | Comments(0)