反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

K-1スーパーフェザー級世界最強決定トーナメントの感想

 AbemaTVで観戦。なんかもう、前半のモタモタをトーナメントのラスト3試合で全部挽回しちゃった感じ。とりあえずトーナメントの感想を。

大雅○ー×ハビエル・エルナンデス(2R TKO)
 序盤こそエルナンデスの圧力に押され気味だった大雅だが、1R後半からボディを効かせ始めると、2Rにボディブローでダウンを奪取。残り時間を何とか凌ごうとするエルナンデスだが、2R終了間際に自分からリングを降りてしまい試合放棄。高田にローを蹴られて怒ったトレバー・バービックのような終わり方だったが、大雅は優勝へ好発進。

卜部弘嵩○-×ヨハネス・ウルフ(判定)
 サウスポーに構えた弘嵩が序盤からローを的確にヒット。だがローブローも入り2度にわたる中断が入る。2Rから徐々に持ち直したウルフが自分の間合いで戦うようになり、3Rはまたもローブローで弘嵩に減点…ともやもやした展開になるが、着実にダメージを与えた弘嵩がリベンジに成功。

卜部功也○ー×カリム・ベノーイ(判定)
 序盤から功也の動きがとにかくキレる。ベノーイに圧力をかけるとワンツー・テンカオ・ミドルで着実に削っていき序盤から優勢。ベノーイもガードを固めて右は返すものの、2Rには功也のサイドキックを効かされペースをつかめないまま終了。功也がリベンジに成功し準決勝進出。

小宮山工介○-×パウロ・テバウ(判定)
 小宮山がスピードを駆使して動き回りながら蹴りを連打。テバウは小宮山を追いきれず、ややボディを効かされたか。2R以降はテバウの圧力を小宮山が捌ききれず終盤はヘバった様子を見せるが、テバウも効果的な攻撃は出せず小宮山判定勝利。だが負傷によりテバウが準決勝進出。うーん、これは新手のRISEへの嫌がらせか?

大雅○ー×卜部弘嵩(判定)
 1R中盤まで飛び込みながらのパンチで上手く戦っていた弘嵩だが、ロープ際で大雅の右フックが入りダウン!2R以降はダウンこそ免れるものの大雅の右が繰り返し弘嵩を捉え、完勝で決勝進出。一回戦の消耗度合い云々は関係なく、大雅の方が強い、という感想に尽きる一戦だった。

卜部功也○ー×パウロ・テバウ
 功也が準決勝でも隙のない試合を展開。ジャブからボディ、ロー、ミドルときれいに打ち分けテバウを圧倒すると、2Rに左ストレートで2度のダウンを奪い圧勝。大雅の待つ決勝へ駒を進めた。

大雅×ー○卜部功也(1R KO)
 開始から距離を詰める功也、ローブ際でボディ連打から左右を振りぬき左ストレートがヒット!大雅の上半身がリング外へ飛び出る衝撃的なダウンを奪ってみせる。事実上これで勝負ありで、ダメージの残る大雅からすぐさま2度目のダウンを奪うと、最後はロープに詰めながらまたも左ストレート。功也が圧巻のKOでリベンジと2度目の世界トーナメント制覇を達成。

 とにかく準決勝・決勝の功也は神がかっているとしか言葉が見つからないぐらいの強さ。準決勝が終わった時点で「こりゃ大雅にリベンジできるかも」と思ったが、ここまでの勝ち方をするとは…。パンチ力がついたというより、弘嵩戦と大雅戦の敗北で精神面での甘さが抜けたのがそのまま結果につながったか。今更3度目の兄弟対決を見たいとは思わないので、62.5キロに上げてゲーオと戦ってほしい。

[PR]
Commented by みゆパパ at 2016-09-21 10:06 x
今大会はあまり期待していませんでした。
前回も兄弟対決させたい思惑見え見えの判定の同階級トーナメントで、現チャンピオンの兄は連敗中。
唯一、大雅がブレイクしてくれるのかというくらいしか期待するところがありませんでした。
また中止にはなりましたが、このタイミングでの-65kgのタイトルマッチにも乗れませんでした。

とりあえず大雅の要求どおり、兄はベルト返上して出直してほしいですね。
Commented by nugueira at 2016-10-02 10:52
>みゆパパ様
 仰るとおり明確な軸は見つけにくかったと思うのですが、功也のKO劇がそれを吹き飛ばしましたね。大会後にチームドラゴンが激震に見舞われていますが…。
by nugueira | 2016-09-20 00:00 | K-1 | Comments(2)