反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

UFN94の感想

 ボクシングの裏でつまみぐい視聴。KO・一本の多い当たり興業だった。

チャス・スケリー○ー×真騎士(1R ダースチョーク)
 開始と同時に跳び蹴りで吹き飛ばされる真騎士。タックルで凌ごうとしたところをダースチョークに捕えられ一本!交通事故的な要素も多分にある負け方ではあるけど、そろそろリリースがチラついてくるか。もとからフェザー級は選手があぶれ気味だし。

ユライア・ホール×ー○デレク・ブランソン(1R KO)
 突っ込んでいくホール組み付くブランソン。ケージ際での組み合いが続いた後、離れてスタンドへ。ブランソンがタックルのフェイントを混ぜつつ放った左フックがヒット!ホールが崩れ落ちブランソンのKO勝利。今になってみるとホールがムサシに勝ったのはいったい何だったのか…。

ダスティン・ポイエー×ー○マイケル・ジョンソン(1R KO)
 ジョンソンがキレのあるパンチ連打。押され気味の展開だったポイエーが踏み込んで連打を繰り出すが、アッパーの打ち終わりにジョンソンが右から返しの左フックを叩き込みポイエーがダウン!追撃のパウンドを入れたところでレフェリーがストップ。
 ポイエーはライト級の転向が4でストップ。このところ精彩を欠いていたジョンソンだが、今回は序盤からパンチがよく出ていた。

[PR]
by nugueira | 2016-09-19 10:07 | UFC | Comments(0)