反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

カネロ、圧巻のKO勝利!

 WBO世界スーパーウェルター級タイトルマッチ、リアム・スミスvsサウル・カネロ・アルバレスをライブ観戦。

 1Rからカネロはジャブから左アッパー、フック、ボディストレート。多彩な左が冴えわたり、早くもスミスを圧倒する。1Rはほとんど手数が出なかったスミスだが、2Rに入ると右ストレートや右アッパーで反撃。流れを引き戻すには至らないが、とにかく自分が攻めることでカネロの手数を減らすしかないか。
 しかしカネロの圧力は弱まる気配を見せず、左を起点にスミスのガードをこじ開けるようなアッパー、さらにボディへつなげていく。スミスは基本的にラウンド前半はがっちりガードを固めて後半に反撃、というスタイルで時折右がカネロを捉えはするのだが、ポイントを取り返すほどの攻勢にはつながらない。
 それでも5Rは序盤からスミスが手数で押し続け、初めて明確にラウンドを取る。ただカネロは攻め疲れというよりは意図的に一休みしたという感じで、6Rは再度プレッシャーを強めあっさりペースを奪回。スミスは顔面から出血し、このまま守勢に回ると苦しくなりそうな雰囲気。
 迎えた7R、カネロがロープ際まで下がりながらも右アッパーから右フックのコンビネーションをヒット!スミスはヒザを着くように倒れ、遂にダウンを喫してしまう。カネロは続く8Rも右アッパーから今度は左ボディへつなげるコンビネーションで2度目のダウンを奪うと、9Rは左ボディを連打。最後はボディを叩かれたスミスが、倒れた後エビ反りの姿勢をとるほどの悶絶ダウンを喫したところで試合終了。カネロが圧勝でベルト奪取に成功した。

 試合前は「ゴロフキンを袖にしたんだから圧勝してもらわないと承知しないぞ」ぐらいのことを思っていたのだが、お釣りがくるぐらいインパクト満点の勝利。カネロはパワー負けする心配がないからか序盤から余裕たっぷりに戦えていて、スミスの反撃にも慌てるそぶりすら見せなかった。7R以降の3度のダウンシーンはいずれも鮮やかなコンビネーションで、実にきれいなボクシングを見せてもらった、という感じの試合。試合中に右こぶしをクルクル回す動きを見せていたのが気になっていたのだが、やはり序盤に拳を痛めていたらしく、それでもこの勝ち方ができるのはさすがという他ない。

 ただ、これで「いよいよゴロフキン戦へ待ったなし」となるかというと、そうでもなさそうなのがファン的には残念なところ。試合後にゴロフキンの名前は口にしなかったようだし、わざわざスーパーウェルターに落としたということは両者の激突は当面ないと見ておいた方がいいんだろうなあ。

[PR]
by nugueira | 2016-09-18 15:34 | ボクシング | Comments(0)