反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

田口&河野の感想

 ボクシングダブル世界戦の感想を。まずWBA世界スーパーフライ級王座統一戦、河野公平vsルイス・コンセプシオン。
 
 足を使ってサークリングする河野に、コンセプシオンがパンチを振るっていく展開。1Rはお互い様子見か。河野は2Rも下がりながらのカウンター狙いだが、コンセプシオンに攻め込まれる時間帯が増え危なっかしい展開。3R辺りから距離をコントロールし始めるが、依然手数が出ない。
 4Rからようやく手数を増やしてきた河野。左ボディから右の打ちおろしへとつなげていく。コンセプシオンは序盤ほど前に出れなくなるが、それでも要所要所で連打を繰り出し攻勢。河野はボディや右ストレートを入れるが単発で、手数で負けてしまっているか。
 後半に入った7R、さすがに河野がギアを上げてくる。開始と同時にボディからワンツーを叩き込み、近距離での打ち合いへ。コンセプシオンの顔面を繰り返し捉えるが、河野自身も顔面から出血。8Rはコンセプシオンのボディ連打で河野がガクリと腰を落とすが、そこから足を止めての打ち合いで反撃。一気に試合が動き始める。河野のパンチも入っているが、回転力ではコンセプシオンに分があるか。
 9・10Rと河野の右がコンセプシオンの顔面を繰り返し捉え、さらにボディからの右ストレート。コンセプシオンも反撃し消耗戦になるが、後半は河野がポイントを取り返している。
 11Rは河野の右をもらいつつもコンセプシオンが再度圧力を強め、一歩も引かない打ち合い。さすがに勝負所をよく分かっている。最終ラウンドも両者足を止めての打ち合いになるが、コンセプシオンの圧力と手数が上回った印象で試合終了。判定は2~4ポイント差で三者ともコンセプシオンを支持し、統一王者となった。
 個人的採点は4、7、9、10、11が河野。リーチで勝る河野が近距離での打ち合いを選んだ後半から盛り返したのは皮肉な話で、完全に結果論になるが序盤からこの展開に持ち込んでいれば勝敗も入れ替わっていたか。

 続いてWBA世界ライトフライ級タイトルマッチ、田口良一vs宮崎亮。
 1Rは比較的静かな出だしからスタート。2Rに入ると田口のジャブが的確に宮崎の顔面を捉え、もともとリーチに劣る宮崎はなかなか飛び込めなくなる。3Rは田口が左アッパーや左フックをヒットさせ、徐々にリズムに乗ってくる。
 宮崎は動きが悪いわけではないのだが目立ったパンチが出ず、5Rに右が田口の顔面に入るものの、流れを変えるには至らない。一方の田口もペースは握りつつも決定打が出ない感じで、いまいちスカッとしない展開に。
 7・8Rは田口が近距離での有効打を増やし連打を仕掛けるが、ダウンは奪えず。宮崎は狙いが何なのかが見えてこない。結局後半戦も田口が有効打数で着実にペースを握り続けるものの、決定打は入れられないまま12ラウンド終了。4~10ポイント差をつけて4度目の防衛に成功。
 宮崎は淡々と闘い続けてそのまま負けてしまったという感じ。前半から田口にペースを握られたにも関わらず、リズムを変えるための工夫が全く見られなかった。世界王者経験者同士のヒリヒリした試合にならなかったのが残念だが、その宮崎を崩せなかった田口も何だかなあ、という印象。内山不在の重さを改めて実感させられた興業だった。

[PR]
by nugueira | 2016-08-31 23:55 | ボクシング | Comments(0)