反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

田口&河野


内山以外の試合の結果を。まずWBAライトフライ級タイトルマッチ、田口良一vsファン・ランダエタ。
 田口は左フック、ランダエタは左ボディフックを出していく。お互い様子見だが、田口手数が出ないか。
 2Rに入ると田口は身体がほぐれてきたか、右フックやアッパーがよく出るようになる。なおも手数を出すランダエタに田口の右フック!グラつきながら後退したランダエタに田口がロープ際で連打するが、ダウンは奪えず。
 3R、ランダエタは下がりながらうるさく手数を出し続ける。田口は右フック・右ボディ。4Rは田口が右アッパー連打から右フック、左ボディと回転を上げてランダエタを追い込んでいく。
 この後も田口は有効打の数では上回るが、ランダエタは上体を柔らかく使ったディフェンスで致命打を回避し、細かくパンチを返し続ける。やや嫌な流れになってくるが、7R開始と同時に田口がロープ際へランダエタを詰めると、左右のラッシュ。更に左ボディ連打でランダエタを下がらせ、再び主導権を握る。
 粘るランダエタだが、9R開始早々に田口が左ボディを打ち込むと根負けしたようにダウン。立ち上がるもののボディのガードを固めるだけで、田口の連打をもらい2度目のダウン。それでもランダエタはなんとかラウンド終了まで持ちこたえる。
 10Rはさすがに攻め疲れたか田口は手数が減るが、それでも終了間際に右アッパー連打から左ストレートを打ち込み3度目のダウンを奪う。続く11Rも田口は左右のパンチで2度のダウンを重ねる。クリンチでラウンド終了まで凌いだランダエタだがもはや余力は残っておらず、12R開始前に棄権。
 いつもスロースターターぶりが目立つ田口だが、今回は2Rにクリーンヒットを入れて早々にペースをつかみ、タフな元世界王者から5度のダウンを奪う充実のKO勝利。

 続いてWBAスーパーフライ 級タイトルマッチ、河野公平vsインタモン・シッチャモアン。
 1Rからプレッシャーをかけていくのは河野。距離が詰まると互いに大きいパンチを振るっていくが、目立った有効打は出ない。河野は2R終わり頃からインタノンのパンチの間合いを見切ってきたか。
 3Rに入ると河野の飛び込みながらの左右のフックがインタノンを捉え始める。4R、河野が一気にパンチの回転を上げ、左右のフックがインタノンの顔面に入る。インタノンも反撃し乱打戦となるが、ラウンド終盤に河野の右ストレートが突き刺さりインタノンが尻餅をつくようにダウン!
 5Rも河野はインタノンの顔面へパンチを集めた後、ボディを打ち込みダウン。ただここではパンチの前に偶発のバッティングも入っていた。
 6R前半はインタノンが反撃するものの、後半から河野は顔面へパンチを集めると、7Rに右ストレートをこれでもかと連打。ガクリと腰を落とすインタノンになおも右を叩き込み、3度目のダウンを奪う。
 河野は8Rはややペースダウンしたものの、9Rは再びロープに詰めてラッシュ。ボディも混ぜて打ち分けていくが、インタノンはしぶとくパンチを返していく。
 この後も河野は最後まで攻め続けるものの、タフなインタノンを崩しきれない。最終ラウンドもワンツーからラッシュを仕掛けるがダウンは奪えず。KOではフィニッシュできず、ところどころ粗さも感じさせたが、大差の判定勝利で防衛に成功。
[PR]
by nugueira | 2016-04-28 23:35 | ボクシング | Comments(0)