反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

UFN92の感想

 ファイトパスで時間差視聴。メインはもともと注目度が薄かったうえに判定決着ということを知ってパス。

カブ・スワンソン○-×川尻達也(判定)
 川尻はローからバックブローを繰り出す。スワンソンの右がヒット。ボクシング技術はやはりスワンソンに分があるか。最初のシングルレッグは切られた川尻だが、右がヒットした後にタックルからテイクダウン、さらにマウントを奪う。この後は川尻がトップをキープしたままラウンド終了。川尻としてはもう少し削りたかったか。
 2Rも川尻がスタンドで上手く圧力をかけつつタックルに行くが、スワンソンがサバ折りからマウント、さらにバックを奪いチョーク。川尻なんとか脱出するが、この後はスタンドでスワンソンのパンチが入るようになり徐々に劣勢に。膝をついた川尻にヒザが入り中断。再開後はスワンソンのローで川尻がバランスを崩す場面も。
 3R、川尻がダブルレッグから尻餅をつかせテイクダウン。立ち上がるスワンソンだが川尻はなおもタックルに行きテイクダウン。トップをキープするが、削る前にスワンソンが脱出する。パンチで川尻を下がらせたスワンソンは組み合いからマウントを奪取。川尻は足関節を狙うが逆にパウンドをもらってしまう。さらに尻餅をついた状態でバックを取られる川尻。終了間際に反転して脱出するが、逆転はならず試合終了。
 2・3Rとももうひと押しがあれば取れた展開だったが、そのひと押しが遠かった。というか30-27のジャッジが2名いたことも驚き。やはりこのところダメージ重視のジャッジになっておりテイクダウンから漬け込むだけではポイントが取れなくなっている。川尻にとっては厳しい流れか。

石原夜叉坊○-×オラシオ・グティエレス(1R KO)
 両者ローとパンチで探り合い。夜叉坊が遠い距離からタックルに行くが、テイクダウンは取れない。両者のパンチが近距離で交錯し、互いにニヤリと笑いハイタッチ。グティエレスがパンチで突っ込んできたところに夜叉坊の左フックがカウンターでヒット!立ち上がりかけたグティエレスに再度パンチを叩き込んだところでレフェリー止めた!
 何のデータも確認せずに書くが、日本人選手がUFCデビューから2連続KOというのは初めてでは?前回同様、相手の方をちゃんと見ているかどうかも怪しい体勢からカウンターをクリーンヒット。当て勘がもの凄くいいんだろうな。このレベルの選手を引き合いに出していいのか分からないが、かつてチャック・リデルが滅茶苦茶なホームからKOを量産していたのを思い出した。

デニス・バミューデス○-×ホニー・ジェイソン(判定)
 バミューデスが軽快なステップを踏みながらプレッシャーをかけると、パンチからタックルにつなげテイクダウン。ジェイソンの下からのサブミッションをさばきつつパウンド・肘を落とし続ける。ヒジでカットされジェイソンが額から流血し、バミューデスがパウンドで攻勢を続けたまま1R終了。
 2R以降もバミューデスは面白いようにタックルからテイクダウンを奪い続け圧倒。3Rはバミューデスのタックルをがぶったジェイソンがバックマウントを奪いあわや、という場面もあったがバミューデスが脱出。上位ランカーの実力を見せつけた。

 来週はUFCはお休み。G1決勝があるけど。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by みゆパパ at 2016-08-08 09:16 x
Road to UFC JAPANの決勝のとき、
廣田が勝つにしろ、夜叉坊が勝つにしろ、
UFC本戦で通用するとは思えないので、RTUJで完結するものとして楽しんでいる、というようなことを書いた記憶があります。
夜叉坊選手には心からお詫び申し上げたい気持ちでいっぱいです。
Commented by スラッカー at 2016-08-08 23:22 x
このダメージ>アグレッシブて基準反対です
待ちのスタイルの(リーチが長い)方が有利になっちゃいますよね
今回はそれ抜きでも仕方ないのかもですが

石原は見てないでKOパンチが打てるという事は相手の動きを予測して打ってるて事ですよね
少なくとも格闘脳としては相当性能いいですね
Commented by nugueira at 2016-08-09 23:50
>みゆパパ様
 いや、去年の時点でこの活躍を予想できた人間は本人以外皆無だと思いますよ。やっぱり大舞台に強い人間っているんですね。

>スラッカー様
 個人的にはダメージを与えていない(フィニッシュに近づいていない)選手が勝つことに違和感を覚えることが多いので、この基準の方がシンプルで分かりやすいと思っています。仰るとおり、MMAの「ボクシング化」が進むリスクはあるでしょうね。
 夜叉坊は樟南高校野球部で140キロ台の球を放っていただけあって、アスリートとしての能力は高いのかもしれません。
by nugueira | 2016-08-07 17:55 | UFC | Comments(3)