反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

ロマチェンコ強し!

 エキサイトマッチでWBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチ、ローマン・マルチネスvsワシル・ロマチェンコを観戦。

 ロマチェンコはジャブから左、さらに左のダブル。マルチネスはロマチェンコのスピードを警戒してか慎重な出だし。
 2R、ロマチェンコはノーモーションの左でマルチネスの顔面を捉えると、ガードをすり抜けるようなアッパー。早くもスピードのギアを上げ、スッと立ち位置を変えると相手の横に回り込み見えない方向からフック、という得意のパターンを披露。3Rもロマチェンコが左右のパンチを顔面へヒット。マルチネスは打ちおろしの右を入れるが、やはりロマチェンコのスピードについていけない。
 4Rもロマチェンコの左が次々とヒットし、マルチネスの顔面が何度も跳ね上がる。迎えた5R、ロマチェンコはまたも左をヒットさせると、最後は左アッパーから返しの右フックをクリーンヒット!大の字に倒れたマルチネスはそのまま立ち上がれず、ロマチェンコが圧倒的強さで2階級制覇を達成。

 階級を上げたことで持ち味のスピードはどうなるのか、パワープレーに来た相手を凌げるのか、といった不安を一掃してお釣りがくるぐらいの快勝劇。曲者のベテラン王者を、ラフファイトをする暇すら与えずに屠ってしまった。ここ最近の試合は勝負どころできっちりKOする決定力もついてきているし、今後さらに人気が高まりそう。以前コメント欄でいただいている感想だが、日本人王者がいなくなった途端にこの階級が盛り上がってきているのも皮肉な展開。世が世なら「こうなったら内山とロマチェンコでやったれ!いやっほい!」とか騒げたのに。
[PR]
Commented by オルロフスキー at 2016-07-27 00:19 x
この試合最高でしたよね
ロマチェンコは以前からKOなんてなくてもその動きだけでお腹が一杯になるボクサーだったんですが、今回は階級を上げて凄味の増した試合内容でした
アマエリートの双璧であるリゴンドーとはかなり立ち位置に差が付いてしまったような……どうにかしてやって欲しい夢の対戦ではあるんですが、旨みが無さすぎますよねぇ
日本人相手だと対戦相手に困った時に三浦を血祭りに上げたりしそうで恐ろしいです
Commented by nugueira at 2016-07-27 21:57
>オルロフスキー様
 毎回「マンガかよ!」と言いたくなる動きを見せてくれるので、ロマチェンコからは目が離せません。正直、日本人がどうこうできる相手ではないですね…。
by nugueira | 2016-07-26 23:49 | ボクシング | Comments(2)