反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

修斗後楽園大会の感想

 先日の修斗、セミとメインの感想を。

石橋佳大○-×安藤達也(2R チョークスリーパー)
 圧力をかけパンチ振るう安藤。石橋がタックルに行くがこれは切る。安藤の跳びヒザに合わせて石橋がタックルに入り、バックを奪う。安藤がこれを振り切ると、すぐさま腕十字へ。だが安藤は回転して逃れる。サイドを奪った安藤がパウンドで削るが、石橋がまたもバックへ。さらに腕十字に行くが、ここも安藤が凌ぐ。両者動きが途切れず次々と展開が変わっていく好勝負。
 2R、ローブローでの中断後、石橋がパンチで攻勢!被弾した安藤はケージに押し込みごまかすが、石橋はなおも前へ出てパンチとヒザ。安藤も打ち返すが、ダメージのせいかパンチにキレがない。どんぴしゃのタックルを入れた石橋がすぐさまバックへ回り、最後はチョークで一本。
 フィジカルでは上回った安藤だが、石橋のしつこい攻めを凌ぎ切れず逆転負け。デビュー直後の「怪物性」は薄れてきたが、ここから盛り返せるか。

飛鳥拳○-×澤田龍人(2R KO)
 序盤から澤田が繰り返しタックル。切り続ける飛鳥だが、澤田はしつこく組み続けると遂に澤田に尻餅をつかせる。下から澤田が腕十字に行くが、飛鳥はガードしながら鉄槌。しかし立ち上がりかけた飛鳥を再度テイクダウンすると、澤田はバックに回りチョークへ。大ピンチの飛鳥だが、身体を反転させてこれを凌ぐ。スタンドに戻った後は澤田の跳び膝に合わせて飛鳥のワンツーがヒット。しつこくタックルにいく澤田だが、さすがにラウンド後半はバテてきたか?
 2Rも澤田が前に出てしつこくタックル。尻餅をつかされる飛鳥だがそれ以上のクリーンテイクダウンは許さず、細かいパンチを入れる。澤田のタックルをがぶった飛鳥はローで攻めるが、澤田はその度に蹴り足をつかみグラウンドへ引きずり込もうとする。再度テイクダウンされる飛鳥だがここも凌いでスタンドに戻すと、ハイキックからパンチをヒット。後退した澤田はタックルにいくが、飛鳥はこれを切って左右のフックを入れると、すぐさまバックへ。亀になった澤田に強烈なパウンドを落とし続け、2R終了直前にレフェリーストップ。逆転勝利でフライ級王座を獲得した。
 この日は浦和レッズの試合を見に行っており、帰りのバスの中で1R後半から見ていたのだが、改めて見返すと実に素晴らしい試合。前王者の内藤のび太の同門である飛鳥がストライカーで、対する澤田がのび太スタイルのしつこいグラップラーというのも面白い巡り会わせだが、両者のスタイルと狙いがはっきりしており、かつ噛み合った名勝負だった。
 飛鳥はグラウンドで劣勢になっても背中はつけず、スタンドに戻して殴り勝つという意志を貫き通していたのがお見事。リオンvsペケーニョ戦のときに解説の中井が言っていた「寝かされたら駄目なんじゃなく、そう思ってしまうことが駄目なんだ」という台詞を思いだした。一方の澤田も敗れたとはいえ、飛鳥のローキックを次々とつかんでいく姿勢にはシビれた。しつこいけど最後にもう一度。実に素晴らしい試合でした。
[PR]
Commented by オルロフスキー at 2016-07-23 19:12 x
素晴らしい興行でしたね。
旧弊な体質で他の興行に水をあけられた感もあった修斗ですが、さすがに老舗の底力、最前線のコンテンツとして盛り上がってます。
負けてしまった安藤選手や澤田選手もまだまだ進化してくれることでしょうし、どの階級もタイトル周りを活性化させていって楽しませて頂きたいです。
Commented by nugueira at 2016-07-27 21:50
>オルロフスキー様
 修斗後楽園にハズレなし、の神話は前から耳にしていましたが、本当にAmebaTVさまさまです。後楽園でのケージ導入も大きな転機になるでしょうし、ここからの盛り上がりを期待します。
by nugueira | 2016-07-22 23:45 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)